01
5
6
7
8
9
13
14
15
16
17
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新八へ。

本日は土曜出勤。

せっかく土曜日に岡山に来ているので、夜はお食事をして帰ろうと思い。

大学時代から大好きな焼鳥屋さん、「新八」に久しぶりに行ってきました。

本当はもう一軒行きたい居酒屋さんがあったのですが、何しろ予約したのが昨日だったので、人気店のその店は満杯でお断りされたのです。

ま、新八が取れたからいっか。


にしても新八も、六時半から二時間の時間制限あり。
ここはいつ来ても人気なんだよね。


まずはさっぱりしたものから。
新八.jpg
鳥刺しうめー!
ここの鳥刺し食べたら、他のとこのは食べられないよ。
全然生臭くなくて、柔らかくておいしい
ぷーさんは和風サラダに感動しておりました。
定番だからね

新八2.jpg
メインの焼き鳥。
他にもいっぱい頼んだけど。
前回ころた&ひめと行った時に、せせりのうまさに目覚め…。
いや、マジでうまい。
手羽先もしそ巻きもつくねもうまかった…。

あと、ここのおにぎりはチャンジャがぎっちり入ってて、韓国海苔を巻いて食べるタイプでめちゃ美味しい
お茶漬けも定番よ。
だから全部美味しいんだってば!(笑)。


一昨日行ったばかりなのに、書いてたらまた行きたくなってきた(笑)。

行きたい人!いつでも連れてってやるぜ!(笑)。
スポンサーサイト

念願のAlwaysと、レスパール藤ヶ鳴。

本日初めて、ずっっっっっと行ってみたかったけど機会を逃して未踏の地だったAlwaysというCAFEに行ってきました

人気店と聞いてはいましたが、11時少し過ぎに着いたころには駐車場は満杯。
すぐに出る人がいたので、なんとか入ることができましたが…。
駐車場にすんなり止められないってちょっとしたストレスを感じますね
人気店だからしょうがないのかもしれませんが。

店内は思っていたより狭く。
でも駐車場の広さを考えれば、これくらいのキャパでちょうどいいんでしょうね。

例の通りの空腹っぷりだったので、すぐさまサンドウィッチとドリンクをオーダー。
運ばれてきたプレートは私好みな感じで思わず歓声が

Always2.jpg
塩ロイヤルミルクティーと、
(最近塩モノに弱い。アルフォートの塩キャラメル味はうみゃあ(←関係ない))

                   Always3.jpg
                   クロックマダム夫人(勝手に夫人付けた)。
                   大好物のポテトとサラダは+30円で追加できる。
                   ポテトが肉厚ホクホクでうま。絶妙の塩加減。
                   サラダも新鮮でうまい。ここいら辺で取れたものに違いない。
                   絶対頼むべし!  

本当は具とパンと別々にセレクトできるのですが、クロックマダム夫人はパンの種類がホワイトブレッドOnlyと決まっています
でも食べてみてなるほど。食パンじゃなきゃだめだね。この具は。
目玉焼き、なんたらチーズに惹かれて注文しましたが、チーズがとろ~りとろとろの下にハムやトマトが挟まっていて、かなり濃厚なお味に。
ナイフとフォークでいただくサンドウィッチの休日のブランチというのもまた格別ですな。

Always.jpg
ぷーさん注文のバナナジュースは甘くてとっても濃厚。
お腹の弱い私は一口いただいただけですぐにお腹ごろごろになりそうでした。
でもこのシンプルな佇まいが好きだ。

                     Always4.jpg
                    ベーグルサンドはごぼうと根菜の照り焼きサンド。
                    照り焼きの甘辛具合がちょうど良い。
                    ベーグルもしっかりしたもちもちでやんした
                    種類が選べるのもよい。 

いや~。パンだけでこんなにお腹いっぱいになるのも珍しいくらいの満腹っぷりでした。

気候が良ければ近くの国分寺散策なんぞも…と思いましたが、寒波到来の寒い日だったので、早々に引き上げ本日2つ目の目的地へGO!


その目的地とは、岡山空港温泉レスパール藤ヶ鳴

前回の和気の旅で日帰り温泉に味をしめてしまい、こんな寒い日は温泉にかぎるぜ!と、思いついた先がこの場所。

来たのは初めてでしたが、予想に反して駐車場は結構埋まっており、予想外の人気ぶりに少し驚きました。
いろんなお風呂がありますが、その全てのお風呂に入ることができ、タオルが一つついて510円だったかな?安い。
岡山市内から車で30分もあれば来れてしまうこんないいところがあったなんてね。

いろんなお風呂にゆっくり浸かった後は、展望台レストランでオレンジの生ジュースをいただき、滑走路を走る飛行機を眺めつつまったり。
…至福すぎる。
やっぱり温泉はええわ~

美味しいものと日帰り温泉は、ゴールデンコンビだというのを再確認。
冬の定番になりそうです

婚約のあとで


婚約のあとで阿川佐和子

随分前に新聞の書評で見て、とっても気になっていたところを古本屋さんで発見
即GETいたしました。

内容紹介より。

晴れて婚約したのにモヤモヤを抱え始める今年29歳の村松波。許されぬ恋に走る妹の碧。愛しているのに結婚しない宙。結婚したのに愛せない優美。満たされた条件のなかでなお、ためらう七人の女性たち。彼女たちの「選択」を描く本格恋愛小説。

適齢期の女性たちの恋愛模様とか、不倫とか、内容的にはドロッと重い内容のはずなのに、そんなに重くなく、さらっと読めてしまった。
それが阿川さんのなせる技、というか、テレビで見ている彼女の印象そのままの印象で読めてしまいました。あっさりさっぱりみたいな。
同じ内容を林真理子さんとかが書いたらドロッとしちゃうんだろうな~。
どちらかといえばそっちの方が好きなんだけど。
同じような内容でも書く人によって全然印象が違うから、小説って面白いよね。


一番印象に残ったくだり。

突き詰めれば自分のことだけ考えて生きていけばよかったのだ。そんな私と比べ、主婦は自己犠牲を強いられて、それを乗り越えて家族の為に生きている。これほどの精神修行の場が他にあるだろうか。主婦こそ、本当の意味で強く逞しく、そして美しいと思う。その挑戦を避けて生きていこうとするかぎり、私は一人前に魅力的な女にはなれないような気がしてきたのである。

賛否両論あるかもしれませんが…主婦の方が読んだら、勇気が出そうな文章ですよね。
独身を貫いてきた阿川さんが書いた文章だからこそ、実感がこもっているような気がして印象的でした。


嫌なこともたくさん待ちかまえているだろうけれど、そういう難局にどれほど自分が堪えられるか試してみたい。そしてどうしても堪えられなくなったら、その時考えることにしたい。

結婚を決めた波の心境。
この文章になんとなく共感できた。
挑戦と覚悟ですな。


さらっと読めちゃうけど、思いつまされることもあり。
主婦にも、働く女子にもいけちゃう。
アラサー世代におススメの一冊でした。

ピザキング☆

友達から聞いていて行ってみたかった和気にあるピザ屋さん、ピザキングに行ってきました

イタリア人がやっていて、本場の味が味わえるというので、楽しみにして行きました。

11時半開店で、12時前に行ったので一番乗りだったからかもしれませんが、注文してそんなに待たずにメニューが運ばれてきました。
ピザキング.jpg
バジルのピザ。

                       ピザキング2.jpg
                       サラミとマッシュルームのピザ。
ピザキング3.jpg
シーフードグラタン。

本当は平日のみのランチセットを今日はいただけるというのでランチセットを2つオーダー。
Mサイズ?のピザ1枚セレクトとサラダ、冷たいドリンクのセットが1000円也。
この店のもうひとつのおススメ料理はグラタンらしいので、シーフードグラタンも頼んでみました
ピザと同じ形態でグラタンセットもありました。

ピザは店内にあった石窯で焼いているらしく、もちもちのふわふわ
イタリア人のイケメン兄さんが生地をひゅんひゅん回している姿を見ながら食べれば、美味しさ倍増(笑)。
あ、このお兄さん、25歳で花嫁募集中だそうです。張り紙があった(笑)。
ってか、なぜ和気にいらっしゃるんですか??謎だ。

グラタンは、いつものマカロニじゃなくてペンネがどっさり。
ホワイトソースが滑らかで、ペンネによく絡んで美味しかった~。

テーブルにはタバスコが4種類に、オリーブオイルが置いてあったりして本格的
店内はインテリアや装飾、雑貨もきっとイタリアの物?おかげでイタリア~んな雰囲気を存分に味わえます。
お外にもテーブルや椅子があったので、もう少し季節が良くなれば、お外で食べるのもいいかも。

いやいや本当に美味しかったので、遠いけど行く価値のあるお店だと思いました。


せっかく和気まで来たので、家族でよく来ていた和気鵜飼谷温泉

やっぱり冬の温泉はええの~。

ココは露天風呂がわりと広くてよい。
思いっきり足を伸ばして、ゆっくり浸かることができました。
出た時には上着がいらないくらい、ぽっかぽかにあったまりました。


和気に来たらピザと温泉。
これ、定番になりそうです


トマト鍋。

最近いろんな鍋が流行っているようですが、カレー鍋に続いてトマト鍋というのをしてみました。

年末に三田のアウトレットに行った時に、おしゃれげな食料品のお店で、ぷーさんが「ガーリック&トマト」という瓶詰のソースをGETしてくれて。
店内にトマト鍋のレシピがあり、絶対試してみようと思っていたのです。

今回の具材は、じゃがいも、アスパラガス、パプリカ、しめじ、キャベツ、ベーコン、チョリソー、たら…といったところかな。
ソースと水を1:1の割合で入れて、具材を適当な大きさに切って入れて、煮えてきたら仕上げにチーズをバラっと入れて…チーズがいい具合に溶けたらできあがり

トマト鍋.jpg
鍋…というよりトマト味のポトフを食べている感じでいただけました。
ソーセージじゃなくてチョリソーにしたのが正解でした。
ベーコンもうま。
忘れてたけど、あさりとか入れても美味しいみたい。
シメは今回はパスタを入れてみました。
もちろんトマトソースパスタな感じでおーいすぃー!
メインを2度楽しめる感じがうれしい

ホール缶トマトとコンソメとかでもできるみたい。
今度はシーフードベースでやってみるべかな。


おまけで、昨日の尾道に早速触発されて、大林宣彦監督の尾道3部作のひとつ、「さびしんぼう」を鑑賞したので感想を


昨日行ったばかりなので、尾道の街並みを親近感を持って観ることができました。
富田靖子がかわいい今でも全然通用しそうな美少女ぶり。
大林監督の作品て、初めて見たのかな。
なんかこう、感傷的なところもあれば、ギャグチックなところもあり…不思議な作品でした。
「転校生」や「ふたり」も観てみようかな。

尾道へ。

3連休。

せっかくなのでどこかに行きたいと思い。

そうだ!尾道行こう!って、どっかのCMみたいなこと思いついて、尾道ラーメン食べに、尾道行ってきました

ガイドブックを見たら、主要な観光名所は駅から2キロ圏内、徒歩20分以内で行ける距離だと言うことが判明。
いつもは車での移動が多いのですが、今回は珍しく電車で移動

うちの近場の駅からは約1時間程度、片道千円もかからない距離。
観光するのは今回で2回目だけど、こんな近い距離でこんな素敵な街があるってなんだか得した気分でした


尾道駅に到着してすぐに、お目当てのラーメン屋さんへGO!

海を見ながら海岸沿いをとことこ歩いている途中に有名な最中アイスのお店があるのだけど、そこの前でロケバス発見!
持前のミーハー魂がうずきましたが、なかなか人の降りてくる気配がなかったのでやむなく先を急ぎました。
誰だったんだろ~。大阪ナンバーだったわ。

さて、ラーメン屋さん。
混むだろうから早めにと思っていたのに、11時半に着いたころには既に長蛇の列
尾道.jpg

寒空の下、約30分並んでやっとありつけた尾道ラーメンのうまさよ…
尾道2.jpg
ガイドブックには必ず載っている朱華園さんです
天かすみたいなのは豚の背油?
見た目ほど濃すぎず、醤油ラーメンが好きな私には好みの味。
麺がちょっと平べったくてコシがあるのが特徴かな?
今回は初めてなのでプレーンな中華そばを食しましたが、餃子やワンタン等もあったので、今度来たら注文してみたいな。

朱華園を後にした後は途中途中にあるお土産屋さんをのぞきつつ、途中目にしていた看板を元に、おのみち映画資料館へ。

尾道といえば、有名なもののひとつが映画の撮影地?
せっかくなので行ってみましたが、ココが意外に面白かった
尾道を舞台や撮影地にした映画や監督の紹介や、昔の映画のポスターやパンフレット等が興味深かったです。
パンフレットはどういう基準で置いてあるのかはわかりませんが、昔あすくちんと行って突っ込みまくったブラピのデビュー映画「リック」のパンフとかあって、個人的に面白かった(笑)。
ココで意外にも1時間程度を費やし、その後は入場料に含まれていた歴史博物館が近くにあるというので行ってみましたが、ココはすみません、しょぼかった
歴史博物館というから、尾道の歴史や遺跡なんかをたくさん紹介しているのかと思いましたが、狭い館内に遺跡ちょこっと、出身者の画家の特別展がメインて感じで、歴史博物館を名乗るのは無理があるような内容でした。。。
画家の特別展なら美術館でしたらいいのでは…。
入口に一人いた職員さんが1度も目を合わせてくれなかったのが印象的でした。
やっぱり後ろめたいのかしら?(笑)。
要改善です。

その後はまたまたとことこ歩き、千光寺ロープウェイ乗り場前にある有名なワッフル屋さん「茶房こもん」へ。
ラーメンと共に、尾道に来たら必ず食べたい一品です

尾道3.jpg
あったかいメープルミルクティーと…

                       尾道4.jpg
                        さくさくふわふわのシナモンバターワッフル

尾道5.jpg
ぷーさんの注文したマロンワッフルにはマロンクリーム、カスタードクリーム、生クリームの3種類のクリームがはさんであって、お得な感じでした♪


美味しいワッフルとお茶で一息ついた後は、ロープウェイに乗って、千光寺へ。
個人的に、今年4回目の初詣。

千光寺からは、尾道の街並みが見渡せます。
尾道6.jpg
海と、お寺と、坂道と…なんて風情のある街なんだろう。
街全体が古いんだけど、それがなんとも言えないいい味を出しているんだよね。
あと、こじゃれたレストランやカフェが多い気がした。
近いから、ご飯だけ食べに散歩がてら来てみるのもいいかも。

帰りは有名なかまぼこ屋さんで買い食いしたりしながら、センター街を冷やかしつつ駅に向かいました。


なんだか落ち着いた、いい街だったな~。
すっかり癒された週末のプチトリップでした

二人でタコパー。

本日は朝から阿智神社に後厄のお札を返しに行って参りました。

1年間何事もなく過ごせたのも、このお札のお陰だったと思います。
ありがとうございました。

と、神様にお礼を申し上げ、美観地区でランチした後にあるものをGETしにデオデオへ


あるものを使った今日の夕飯はこちらでございます
たこぱ.jpg
そう、あるものとはタコ焼き機(笑)。
前々からお家タコ焼きがしたいというリクエストがあり、やっと今日念願のタコ焼き機をGET
二人でタコパーと相成りました。
ちょっと焦げているのは初めてなのでご愛敬

40個作れるタコ焼き粉で、約54個のタコ焼きを作ることができ、二人でほとんど完食しました
今回は、通常のタコ入りソースバージョンの他に、キムチ、チーズ、餅なんぞを入れてみました。
ソースにはおなじみの明太子マヨも作ってみました。

それから初の試み一。
たこぱ2.jpg
ぷーさんが今日阿智神社の麓の平翠軒で美味しい中華スープをGETしてくれたので、それを使って作った卵スープにタコ焼きをIN。
明石焼き風でうま

もうひとつの試みはデザートバージョン。
前から試してみたかった、チョコレートをINしてみました。
コレ、おススメです。100均で買ったレーズンも一緒に入れてみましたが、これも正解でした。甘酸っぱい感じがグー。
チョコはすぐ溶けるけど、溶けて流れたものが焦げて焼きチョコみたいになってこれもまたグー。
これはこれから定番になりそうですぞ

念願のタコ焼き機もGETできたことだし、またいろいろ試してみたいな♪


ついでに今日のランチ。
ステーキ.jpg
亀遊亭の「網焼きステーキランチ」。1600円也。
美観地区の入口にあって、今まで気になっていたのですが、今日やっと足を運ぶことができました。
ここって、倉敷国際ホテル直営だったのね。知らなかった。
お肉はまあまあってところかな。和風ソースとデミグラスと選べます。
たまにはこんなランチもいいか。


なんだか寒くなって来たけど、明日は尾道に小旅行。
めずらしく電車で行く予定です
てくてく歩きの旅を満喫してきます

たこめしが…。

本日は初詣に。

どこへ行こうか考えた末、お久しぶりの由加山に行ってみることにしました
(くまさんもこの日行ってた?!)
こんぴらさんとの両参りが良いっていうのを知っていたので。
(こんぴらさんに行ったのは昨年の話ですが…。)

由加山て、厄除け総本山とかで、日本でも有数の厄除けの神社だったのね。
そんなにすごい神社だってことをこの日初めて知りました

参道にあるあんころ餅に心を奪われつつも、結構ある石段を何とか登り、本殿で無事参拝。

境内をうろうろして、同じ敷地内にある蓮台寺の四柱推命のおみくじを300円でもらう。
これはただ勝手に引くおみくじではなくて、自分の生月日を言って、出してもらうおみくじなのです。
何年も前に結構当たると聞いてから、由加山にお参りに行ったら必ず引いて帰るのですが、今年の運勢は四柱推命では厳しい模様。
気を引き締めねば。

参拝後、無事あんころ餅をGET
の後のランチは、せっかく児島に行くのでたこ料理を食べて帰ろうと決めていた。
私にとってたこ料理といえばココ!の国民年金健康保養センターしもついへ。

児島で働いていた時に知ったホテルなのですが、この中のレストランで、割と安くたこ料理のランチがいただけるのです

なんとか到着し、中に入ろうとしたところで張り紙が。
諸事情により、このホテル自体が1/26をもって閉鎖してしまうとのこと。
なんと!もうたこ飯が食べれないじゃん!
財政事情とかによるのかもしれないけど、何とも淋しいものです。

というわけで、最後のたこづくし定食となりました
たこめし.jpg
大好きなたこ飯にたこのから揚げに刺身に酢の物にたこわさまで…。
たこ好きにはたまりましぇん
これでお値段1500円ですから、お得だったのですが、もう食べられないのですね…。
最後に食べられてよかった。。。
1/26までですので食べ納めをされたい方はぜひ。。。


お腹満腹の後は下山して所要をすましつつぷーさん宅に戻り、録画してくれていた年末の笑ってはいけない新聞社をあんころ餅を食べつつ鑑賞。
今年もすごかったね。
ヘイポーうぜ~(笑)。
やっぱり長さは感じましたが、今回もたっぷり爆笑させていただきました


爆笑してお腹が空いたので、クリスマスの時に買ってくれて取っておいた材料で今夜はシーフードシチュー。
たこめし2.jpg
ホタテやむきえび何ぞが入っております。
たくさん作ったのでぷーさんの夕飯は当分シチューでしょうな(笑)。


今週末は3連休だね。

さて、何して遊ぼう。

年末年始DVD鑑賞記。

年末年始、あまりにも暇だったので、1日1本くらいの割合でDVDを鑑賞。

英語の勉強にもなるかと思い、洋モノメインで。


幸せになるための27のドレス 特別編

当時劇場で観たかったけど結局観ることができなかった1本。

主人公のジェーンは長年花嫁の引き立て役としてウェディングプランナーの仕事をしてきたのに、自分の為にドレスを着たことはいまだなく。
その上、ずっと片思いをしてきた上司が自分の妹と結婚することになり、当然その準備を任されることになって…。

という、なんだか踏んだり蹴ったりのお話。

最後はまあよかったけど、ジェーンが妹の結婚式でしたことが納得できず…。
他にもやり方があったのでは…。
主人公はどこまでもいい人であって欲しい…というのは、キレイごと過ぎるでしょうか。

たくさんのドレスが出てきて、見た目に華やかで楽しい。


華やかで楽しいといえばこの1本も。

ヘアスプレー DTSスペシャル★エディション

もう、主人公のトレイシーちゃんがかわいすぎ
あんなにぽっちゃりしてるのに、めちゃめちゃ機敏な動きでダンスをする姿が圧巻
初めてパパイヤ鈴木のダンスを見た時の驚きとも似ていた(笑)。
画面にも出ていたトレイシーちゃんグッズ欲しい!特にズラ(笑)。

番組のホスト役の俳優さんは、前の日に見ていた27のドレスの主人公の相手役の俳優さんと同じ人。
偶然にびっくり。
サル顔がなんだか伊藤英明チックで嫌いじゃないわ。

ミュージカル映画なのでちと飽きちゃうところはありますが、ファッションとかダンスに見所があり、楽しく見られる映画かと思います。


イン・ハー・シューズ

何度目かの鑑賞。
何度見ても、うるうるしてしまう。

今回思ったのは、最初にあれだけ仲が悪そうに見せていたのに、最後の方でいきなりベストフレンドとか言ってるのが無理があるのでは…。ってこと。
母が亡くなってから、姉妹の絆ってのは相当強かったとは思いますが…。
いきなりすぎてちょっと合点がいかなかったわ。
それが男の監督の甘さかな、とか思ったり。

いやでも家族や恋人のいろんな思いをうまくまとめた本当にいい映画だと思います。



セックス・アンド・ザ・シティ season 1

映画版を見てからぜひ見たいと思っていたドラマ版を借りて、ただいまseason1から鑑賞中。
映画版にも出てくる重要人物たちが、初回から登場しているのに驚き。
多少若いけど、皆あんまり変わってないし。何年くらい経ってるのかしら?
映画に負けず劣らずやっぱり面白かったので、続けて観ることにする。先は長いけど。


この他にも、すべらない話なんぞを観て爆笑
やっぱり面白い


こうして冬休みはあっという間に終わりそうな気配


明日こそ、初詣に行ってくるべかな。




八日目の蝉


八日目の蝉角田光代

正月早々、内容の重い本のご紹介。

爆笑問題の太田さんなど、各界の著名人に絶賛されていたこの本。

夏くらいからずっと気になっていたものを、最近図書館で発見

こういう時の喜びって、図書館通いをする人にしかわからないだろうな…。

読みたかった本を見つけた時の喜びといったら、「今日一日はツイている」くらいの勘違いを起こさせるほどの喜びなのです


さて、本題に戻りますが、この本は、新聞に掲載されていたものを一冊にまとめたものです。

内容は、不倫相手の子供を誘拐し、育てた女の逃亡記に、後に誘拐された子供、子どもを誘拐された家族の話も出てきます。


子供を誘拐した女も悪いけれど、優柔不断な男も悪いし。
奥さんは奥さんで勝手なことしてたわけだし。
結局誰が悪いのかわからなくて、どうして自分だけがと皆が悩んでいるのが切ない。
白黒はっきりつけることができないのがもどかしいけど、それがこの世界なんだよね。
どうにかこうにか自分でそれに折り合いを付けて行かなくちゃいけない。
人生それがしんどいんだ。

本当のお母さんに育てられるのだけが幸福じゃないのかもしれない。
だってあの子はあの時あんなに幸せそうだったじゃない。
それを認めるのが嫌で悩んでいるあの子も切ない。


結局世間から見た家族の形ってまやかしで、自分の心が本当に幸せだと思うものを求めなくては幸せにはなれないんだよね。
まやかしに翻弄されてたら、いつまで経っても幸せにはなれないんだよ。
家族って難しい。
家族には、家族にしかわからないことがあるんだよね。


ちょっと前にこの作品と同じように、地元の新聞で角田光代さんの「紙の月」という小説を連載していました。
今まで新聞の小説なんて毎日読んだことなかったけど、この話は面白くて、毎日楽しみに読んでいました。
自分が働いていた信金のお金を横領した主婦の話で。
この主婦も逃亡するんだよね。
女の逃亡記って、どうしてか面白い。
そこにはその女の人生が凝縮されているから。
こちらも早く発刊されて欲しいな~。

どちらもおススメです。

新年のごあいさつ。

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします



移転して、このブログを開設してから約1年が経ちました。

2008年は実は中殺界だったのだけど(笑)、たくさん遊んで、いい出逢いもあって、振り返るとなかなか充実した1年でした。

2008年の目標は「貯金と痩身」でしたが、貯金は惨敗、痩身はなんとか…という中途半端な結果に終わりました。

ですので、今年も昨年に引き続き、

「貯金と痩身」を目標に掲げたいと思います。

あ、英語もがんばるべ。


…でっきるかなでっきるかな、さてさてフフ~♪

とか言ってる場合じゃなくて(笑)。


マジがんばるウイッシュ!

seasons

プロフィール

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。