03
2
3
5
6
9
10
11
12
13
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春宵灯りと沖縄料理。

連休中日。

本日は記念日でとある場所に行くために、倉敷駅前に集合。

まずはランチと思いつつ、天満屋の九州沖縄物産展へ寄り道。

そこで物色したり、試食しているうちに長崎ちゃんぽんの実演販売を発見
ここでランチをすることに。

美観地区2.jpg
長崎ちゃんぽん。
麺がもちもちでマジうまい
自宅用のちゃんぽんセットを買ってくれたので、また食べられる…ウシシ

買っていた宮崎地鶏の手羽先もここでちゃっかり食べちゃいました
美観地区.jpg
肉厚でピリ辛でうんまかった。
さすが宮崎地鶏です。

お腹が満たされたので歩きはじめたところで今度はスタバ発見。
最近、げいのーじんのブログでやたら出てきて気になっていたストロベリークリームフラペチーノがどうしても飲みたくなりまたまた寄り道。
美観地区3.jpg
間違いなく美味しかったです

デザート代わりのスタバで満たされたので、お散歩再開。
美観地区方面へ。
途中商店街のとある場所で皆が観ていた倉工の延長戦を路上観戦。
結果はもちろんで、周りの皆様と喜びを共有し、気分良く次の目的地へ。

今度は阿智神社に寄り道。
桜が咲いているかな、と思いましたが、まだほとんど蕾。
再来週くらいが見ごろかしら?
紋付袴のお婿さんがいて、どうやら結婚式をしていた模様。
お嫁さんが見られず残念。


そして久々の美観地区へ。
本日は連休の中日だからかお客さんが多い。
倉敷音楽祭の一環で、芸文館で沖縄民謡やエイサーのステージをやっていたようなのですが、時間が合わず見られず。残念でした。

少しヒールの靴で歩いたため足の疲れが
疲れを癒すために入ったJAZZ喫茶ではやっぱりイチゴジュースを注文。
美観地区4.jpg
春はイチゴなのだ

夕方近くなってくると、本日夜の美観地区のイベント、春宵灯りの準備で続々と灯篭などが用意されていました。

夜のお楽しみの前のお夕飯は、半年ぶりの波照間へ。
美観地区5.jpg
半年間を振り返りつつ、まったり夕食。
海ぶどうがぷちぷち新鮮で美味しかった~。
貝殻の器も雰囲気抜群で素敵でした
沖縄の豆腐というのはしっかりしていて美味しい。
豆腐チャンプルーも美味しかった。

沖縄料理堪能の後は再び美観地区へ。
夜もすっかり更けてきて、行燈の灯りが灯されて、別世界になっていました。

通りかかった新渓園でオカリナコンサートをやっているというので中に。
お庭を眺めつつオカリナのやさしい調べに耳を傾けて、幻想的な気分になりました。
美観地区6.jpg

コンサートは無料だったのですが、成り行きで300円で購入したお茶券でお抹茶をいただきました
美観地区7.jpg
夜話をイメージしたということでセッティングされていた蝋燭だけの中いただくお茶というのも貴重な経験でした。
お菓子は若葉をイメージしたおまんじゅうでした。上品な甘さで美味しゅうございました。
こういう感じもたまにはよいね。

新渓園を出た後は、写真を撮りながら灯りに灯された美観地区をぶらり。
写真愛好家さん達がたくさんいらっしゃってました。

夜の美観地区も幻想的で素敵でした
美観地区9.jpg
闇夜に浮かび上がる大原美術館。

                     美観地区8.jpg
                      こんな灯りも。何を意味するんだろう。

美観地区10.jpg

                     美観地区12.jpg

美観地区13.jpg

美観地区11.jpg            
川面に映る白壁がまた風情がありますな。


夜はやはり寒かったですが、いつもと違う気分を楽しむことができて素敵な夜のお散歩となりました。
高校メンバーで行った京都の花灯篭もよかったよな~とか思いつつ。
いつかまた再訪したいものです。


来週末は引っ越し手伝い?お花見?
春は何かと気忙しいですな。
スポンサーサイト

アペティート。

本日は、くまさんにお礼とバースディ込みのプレゼントを渡すために夜ごはん
呼びかけたら集まってくれた二人を含めて、私的には数か月振りの高校メンバーでのお食事会となりました。

お店は悩んだのですが、イタリアンバイキングからイタリアンレストランに変身した「アペティート」へ。
17時からの一番乗りでした

単品とコースがあったのですが、お得そうな2名分コース×2にしてみました。
パスタとピザが一品ずつ選べて、ソースが選べる唐揚げ付き。
ドリンクはソフトドリンクバーかアルコールが選べます。
んで、100円+でサラダをサラダバーにチェンジできる。
これで一人1630円でした。
お腹いっぱいで、ドリンクバーもサラダバーもあったから、なかなかお得なチョイスだったと思います。

サラダバー。
イタリアン.jpg

パスタ。
イタリアン6.jpg
イタリアン5.jpg

ピザ。
イタリアン4.jpg
イタリアン3.jpg

サラダバーにちょこっとついてたデザート。
イタリアン7.jpg

野菜なんかは結構地産地消のお野菜なんかを使ってる感じで、新鮮で美味しかったですよ。


笑ったり沈んだり、なかなか深い話をした5時間余りであった。
長い付き合いなのに、お互いまだ知らない部分があるんだね。
外でコサックダンスしながら(笑)した話が一番ディープだったような…。
みんな悩んで大きくなるんだ!


ふみちんからMONSTERを借りてご機嫌な私であった。
言ってなかったのに…めっちゃ嬉しいありがとう!
思いがけず借りられたハリポタも!


今度会う時までに完読しとかないとね


あ、くまさんお誕生日おめでとう!
ゾロ目でいいことあるといいね。


とか言ってる私は来月…
Fight!(笑)。

ホワイトデーのごちそう。

さてさて今日はホワイトデーです。

ホワイトデーのごちそうにとぷーさんが提案してくれたのは、
ホワイトデー5.jpg
チーズフォンデュ

フォンデュ返しですな

チーズフォンデュの作り方を調べてはいたのですが、地方のスーパーではチーズフォンデュに適したマイナーなチーズは購入できず。
○印のチーズフォンデュセットで手を打ったわけです。
中には、細かく刻んだチーズと、フォンデュパウダーが入っています。
通常チーズフォンデュを作る時にはチーズにベーキングパウダーか片栗粉をまぶすらしいので、それと同じ役割をするパウダーなのかな、と思いました。

沸騰した白ワイン(牛乳でもいいらしい)を例のフォンデュ用の鍋に入れて(土鍋やホットプレートでもいいらしいよ)、その中にチーズを入れた後、パウダーを振りかけてあっためる。
が、例のフォンデュ用の鍋では火力が弱すぎてちっともチーズが溶けやしなかったので、鍋ごとレンジに入れて3分で溶かしてからセッティングしました。
この鍋は保温用なのかもしれぬ。

そしてこんなトロトロチーズになりました
ホワイトデー6.jpg

そんなチーズの餌食となる具材をご紹介。
ホワイトデー3.jpg
定番(と思われる)バケットちゃん。

ホワイトデー2.jpg
ゆでたブロッコリー、アスパラ、ニンジン、じゃがいも。

ホワイトデー4.jpg
ゆでたウインナー、海老、ミニハンバーグ。

これらをチーズにIN
ホワイトデー7.jpg
バケットちゃんも、

                      ホワイトデー8.jpg
                     ウインナーちゃんも、

ホワイトデー9.jpg
海老ちゃんも、

                      ホワイトデー10.jpg
                      ハンバーグちゃんも、

それから他のお野菜たちも、みんなどっぷりチーズにはまって間違いなく美味しゅうございました

ちなみに今日の具材No.1は、満場一致で「ニンジン」さんに決まり!
チーズに絡むとニンジンの甘みが引き立って、とても美味しく感じました。
他の料理では日の目を見ないことの多いニンジンさんですが、チーズフォンデュではめでたくNo.1の座を勝ち取ることができました
あ、ちなみに私のNo.2はバケットさんでした。
やっぱりパンとチーズは黄金のコンビなのだ!

スーパーには鍋を用意しなくてもレンジでチンで簡単にチーズフォンデュができるセットも売っていましたよ。
家庭で簡単にこんなおしゃれな料理ができるなんて…昔はこんなのなかったよね。
楽しくて美味しいし、手間もかからないのでおススメですよ


おまけで父親からのホワイトデーのプレゼントはなぜか…
ホワイトデー.jpg
脱毛機(笑)。

父親から脱毛機をプレゼントされる娘って一体…(笑)。

実は母にプレゼントのアドバイスを受けていたらしいのですが、母は私の顔のうぶ毛処理機が古くなっているからそれがいいのでは…と提案していたらしい。
ですが、ちゃんと「顔の」と言っていなかった為に、全身脱毛機を買ってきてしまった…というわけなのです(笑)。

コレ、お風呂でも使える優れものなので、私的にはどちらでもよかったのですが、父は「お母さんがちゃんと言ってくれんからじゃ」と言ってブツブツ文句を言っておりました(笑)。

あの二人、相性がいいのか悪いのかわかりません(笑)。


ま、私的には楽しいホワイトデーとなりました。
皆様ありがとう

ちー散歩 表町を行く。

実は昨日クレドに行って、GAPでぷーさんの洋服を物色してた時に、半額になっていて気になったぷーさん用のジャケットがあったのです。

やっぱりそれを買おうということになり、まずは再びクレドへ。

試着してみたら、サイズが微妙だったので、結局キレイ色のパーカーをGET。
体のラインが明らかになるのが気になりますが(笑)、色はとっても似合っていると思います

その後ランチの為表町を通り抜け、ずっと前から気になっていたTAVOLA TAPASという南欧田舎料理屋さんへ。

店内は狭く、遅い時間に行くとすぐ満員になりそうでしたが、11時台に行ったためすぐに2階の席に通されました。

私はパスタランチを。
散歩1.jpg
季節の野菜のパスタ。
オイリー加減がちょうど良く、野菜もフレッシュでうま。

散歩5.jpg
「豚肉の煮込み料理とグラタン添え」はぷーさんオーダー。
豚肉がめっちゃ柔らかかったです。

この他に、サラダとパンが付きまして、パンはお代わり自由。
ちょうどバケット食べたい病にかかっていたので、ちゃっかりお代わりしちゃいました。

料理はすべて本格的な感じがして、味も間違いなかったです。
隣の人はランチ以外に「にんにくの香草焼き」などを頼んでいましたが、単品メニューも充実していて美味しそうでした。
ランチは1000円以下ですから、混むのも当たり前ですね。
また行きたいお店となりました。


ランチの後は当てもなく表町界隈をぶらぶら。
面白そうな雑貨屋さんを覗いたり、靴屋さんに入ってみたり。
これがホントのちー散歩やな(ちい散歩(地井さんの散歩)知ってる?(笑))。とか言いながら歩くバカップル二人(笑)。


途中見つけたお茶屋さんで、抹茶パフェの写真を見て、思わず入ってみることに。
意外とたくさん歩いていたようで、体が糖分を要求していたようです。

散歩6.jpg
500円の抹茶パフェ。
「お父さん」の湯呑は気にしないでください(笑)。
ちなみにぷーさんのは「お母さん」になってました…普通逆やろ!(笑)。

お茶屋さんのソフトクリームだけあって、抹茶風味が濃厚で、甘すぎない味がGOOD。
夏は混むんだろうな~。


甘いもので体が元気になった後は、ちー散歩再開。

途中試着したフリンジショートブーツが気になっていたら、ホワイトデーのプレゼントで買っていただけることに
半額だったから自分で買おうと思っていたけど、思いがけないプレゼントになって嬉♪
ま、バレンタインも頑張ったからね~♪
当日もある計画を進行中なので、その模様はまたUPしますね♪


たくさん歩いて、体がすっきりして気持ちいい一日となりました。

ちー散歩シリーズ、これから続いて行きそうです

AUSTRALIA

AUSTRALIA観てきました。

あの時の風景や匂いや空気感、そんなものを少しでも感じられるのじゃないかと思って見に行きましたが、思った以上に深く、壮大なストーリーで、約3時間があっという間でした。

まずオーストラリアの戦争の歴史というのに対面したのが初めてだったので、衝撃を受け、胸が痛みました。
何も知らずに渡豪していた自分を恥ずかしく思いました。

ただ、そんな歴史がありながらも受け入れてくれる寛大さは、やはりお国柄なのでしょうか。

ニコール・キッドマンはやはり美しく
ニコール・キッドマンもそうですが、相手役で今欧米で抱かれたい男No.1?のヒュー・ジャックマンも、監督さんもAustralianなのだとか。
この映画を作っている要の人がオーストラリア出身ていうのが、この映画の本物感が伝わってきますね。


ピンクと青紫のグラデーションの夕暮れの空の色とか、灌木の立つ乾いた土地の景色とか、砂漠の砂ぼこりとか、画面に映る景色を見ては、あの時自分の足で踏んで、見て、感じた景色を思い出していました。


特別な思いで見ることができ、知らなかった歴史を知ることもでき、私にとってはとても有意義な映画鑑賞となりました。



おまけでこの日のお昼ご飯。

お久しぶりに、数年前にお気に入りでたびたび行ったBLUE BEIGE CAFEへ。

ドリアが食べたくなってね
ココのドリアは、他にはない種類があって、選ぶのも楽しいのです♪

迷って、「明太子とブロッコリーのシーフードドリア」にしてみました♪
オーストラリア.jpg
明太子大好きじゃ
こんがりホワイトソースの下には、明太子がたっぷり絡んだご飯が隠れています。
明太子好きにはたまりませんよ

ココのケーキも美味しかったので、頼んじゃいました♪
オーストラリア3.jpg
バナナとナッツのマスカルポーネ。
洋酒が効いててうまし♪
ナッツの歯触りもグー
                  
                       オーストラリア2.jpg 
                    クラッシックショコラはずっしり重いチョコの味。
                    定番ですね。
                    チーズケーキとかもあったよ。  

マリンテイストの店内は、爽やかな雰囲気で落ち着けるので、好きなCAFEのひとつです。


実はランチと映画の間に表町に訪れたのですが、気になった代物があって明日も来ることに。

明日はどこでランチしようかな~♪                     

apbank fes'08 DVDの感想など。


ap bank fes '08

7月の夏フェスのDVDが今頃発売。

あの夏の暑い日がよみがえるね~
私の腕にはあの時の日焼けの後がまだ残っているよ
いつ消えるんだ、これ。
ま、これもいい思い出?


DVDにしてくれると、行けなかった他2日の模様も見ることができるのがよい

とりあえずライブ映像だけを観た感想を。

1日目はASKAさんの名もなき詩が印象的でしたわ~。
YAHYAHYAHと似たものを感じた。同じエネルギー醸し出してたよ。
その後ホントにYAHYAHYAH歌ってて、会場は大盛り上がりだったろうね
ゆずもよかったね。
オファーもらい続けてて、やっとの出演だったらしい。
北川くんのあの無垢な感じは桜井さんに通じるものがあるな~。
でも彼のバックボーンを知ってから、何かこう、違和感を感じてしまうんだよな~。
曲はいいんだけどね~。
鬼塚ちひろはちょっと怖かったわ。
彼女、ちょっと病的?
なんかこう、危ういものを感じたわ。
貴重な出演だわね。

2日目は中村中がこれまた独特でした。
それはそれで面白い空気を生み出してそうだけど。
広瀬香美の冬の女王トークが最高でした
彼女、あんなに面白いMCする人だったのね。
その後のロマンスの神様、めっちゃ盛り上がってましたよ。
生であの高音ボイスを聞いてみたいものだ。
KANと桜井さんの「何の変哲もないLoveSong」もよかったわ~。
大塚愛も出てて、実は2日目にもめっちゃ惹かれていたのよね。
でも3日目のコブクロとかに軍配が上がってしまった
今年も出てくれんかな~。
小田和正の歌声も、一度は聞いてみたい。

そして参加した3日目。
収録されている映像の全てをこの目で観て、聴いたのだと思うと、感慨深いものがある。
あの夏の思い出を映像で残してもらえるなんて、こんな贅沢なことはないわ
あの時盛り上がったよな~。とか、いろんなことを思い出す。
コブクロと布袋さん、桜井さんのBOOWYとか、カットされているところもいっぱいあって、やっぱり行かないと全ては見れないっていうこのプレミア感がまたチケット争奪戦に発展するんだよね

DVDと一緒についていた環境の取り組み報告書には、apbankが行っている環境の取り組みや、ライブの収支報告なんかも載っていて、環境の総合学習に使えそうな1冊になっていました。
自分がライブに使ったお金が間接的に環境保護の役に立っているというのが、この取り組みの醍醐味なのですね


今年はどうなるやらね。
キャンプサイトとかも気になるけどね。

チケット取れますように!

ミスチル@徳島:渦の道へ。

昨晩は海辺のリゾートホテルに宿泊。

チェックインの時間が遅かったので、温泉には入れず。
リサーチ不足だったわ~

その代り、本日は朝から展望風呂と露天風呂の両方に入ってきました

お風呂から見える海が朝日に煌めいてとってもキレイでした
浴槽には名産のすだちが浮いていたりして、旅行気分が盛り上がりました

朝食はバイキングで
和と洋とレストランを選べたのですが、ぷーさんと意見が割れたため、どうせならとこっそり2つのバイキングへ。
引換券がなかったらからできたことですが、こんなことしたの初めてです
和食は徳島の名産がたくさんあって美味しかったし、洋食は自分でサンドイッチを作って楽しかったし、やっぱり両方行ってよかったわ♪
ただ、食べすぎて昼御飯がいらないくらいでしたが


チェックアウトの後は、ある時間までまだ余裕があったので、近くの砂浜でしばしお散歩。
天気も良くて、朝の海辺はとっても気持ちがよかったです。


さて、いい時間になったので、目的地に出発。

目的地とはそう、鳴門の渦潮を見るために、渦の道へ。

渦の道とは、大鳴門橋の橋桁の空間に作られた遊歩道で、ガラス張りの床から鳴門の渦潮が見られるらしいのですが、見ることのできる時間というのが潮の満ち引きの具合で日によって異なるらしいのですね。
その時間はホテルの人に聞いたらわかると昨日の居酒屋のおじさんから聞いていて。
聞いてみると本日は14:40位が見ごろだとか。
しかもおじさんから、2日前くらいが渦潮のピークというのが新聞に載っていたらしく、本日もよく見えるだろうというのを聞いていたので、期待大です

渦の道のチケットと一緒に買うと安くなった架橋記念館に、せっかくなのでお勉強を兼ねて行ってみました。
ここでは、渦のでき方なんかを子供にも分かるように説明してくれて、なかなか興味深く見ることができました。
こういうところに来ると、科学センターを思い出すわ~。

徳島3.jpg
記念館の展望台から見た大鳴門橋。
あの下に渦がたくさんできるわけですな

時間が近づいてきたので、いよいよ渦の道へ。
皆その時間をめがけて来るらしく、結構たくさんの人出。

橋桁の空間の渦の道を歩いて行くと、所々にガラス張りのスポットがあって、そこから海上を見ることができます。
徳島6.jpg
ガラスの上を歩くのは、ちょっとしたスリルがあります
この渦の道、元々新幹線構想があったところを遊歩道にしたそう。
いい様に活用してますよね。
ってか、新幹線構想はお蔵入りなのかしら??

渦潮は、こんな観光船から見ることもできるそう
徳島5.jpg
酔いそうな気がするのは私だけ?!
でも渦潮を見ることに集中するので、意外と酔わないとは居酒屋のおじさん談(笑)。

時間が来ると、地元の人々の阿波踊りSHOWもありました。
徳島4.jpg
そういえば昨日のライブで、皆が曲に合わせて左右に両手を振っていたら、「さすが徳島。両手の振りが違う」って、阿波踊りの手の振りをして笑わせてくれました(笑)。
ご当地ならではのMCですね


さて肝心の渦潮ですが、時間頃になってもなかなかいい渦潮が見られず。
渦になりそうになるけど、そのまま流れて行ったりとか、ちっちゃい渦潮しか見られず。
割と粘りましたが、本日は不発の模様でしたので、残念ですがまたの機会に見に来ることにしました。
本日は不発でしたが、一年のうちで渦潮を見るのはこの頃が一番いい時期だそうですよ


お天気もよかったし、徳島楽しかったな。
もちろんライブも最高だったしね
こうやってライブを口実に旅行できちゃうのも楽しみのひとつなんです

もしかしたら阿波踊りを観にまた来ちゃうかも~?

seasons

プロフィール

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。