06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
17
18
20
23
24
25
26
27
28
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京極夏彦講演会に行く。

友人から誘っていただき、京極夏彦さんの講演会に行ってきました。
Image1212.jpg


京極夏彦さんは、ミステリー小説家で、「レンガ本」と呼ばれるほどのぶっとい小説がおなじみです。
直木賞作家さんでもあります。
そして妖怪研究家でもあるそうで、水木一郎さんなどとも深い関わりがあるようです。

実は最近まで京極さんの作品を読んだことはなかったのですが、友人からお誘いを受けるちょっと前にたまたまこの本を読み始めていました。
【送料無料】遠野物語remix [ 京極夏彦 ]

【送料無料】遠野物語remix [ 京極夏彦 ]
価格:1,470円(税込、送料込)


遠野物語って、大学の民俗学の授業で初めて知って、すごく興味があったのですが原本を読む自信が無くて…。
これはrimixということでかなり読みやすくなっているのでまずはここから…と思い読み始めたのでした。

そんな京極さんデビューをした矢先にタイミング良くお誘いを受け、芸文館まで行ってきました。
講演会の題名は「怪異(あやかし)のからくり」ということで、「怪異(あやかし)」とはどういうことなのかを、幽霊や妖怪が生まれた経緯をお話しされながら、そのからくりについて語ってくださいました。

驚いたのは京極さんは幽霊や妖怪を信じていない?ということ。
なんだか怪しい小説を書かれているイメージだったので、そういうものを肯定しているイメージだったのですが、幽霊や妖怪は、人間のご都合主義から作られたもので、そんなものはいませんよ。ってきっぱりおっしゃってました
ただ、なんだかよくわからない現象が起こったときに、それを妖怪のせいにした方が人生楽しいので、そういうものを前向きに使っていきましょう…みたいなお話でした。

もっと偏屈な方かと思っていたのですが(失礼)、お話がとても上手で、久しぶりに大学の講義を聴いているような気分になりました。
そこはかとなく色気も感じるような素敵なおじさまでしたよ。

そういえば後から京極さんのブログを見たら、この時の講演会の写真がアップされてて、なんと私たちが映っている?!
http://www.osawa-office.co.jp/blog/kyogoku/
前のブロック後ろから四番目。左端から三人目のでこっぱちが私だと思います



おまけで講演会の前にあすくちんと行ったランチ。
多分初めての煉天地にてパスタランチ。
Image1209.jpg
ミネストローネ?
ひき肉が入ってておいしかった。

Image1210.jpg
フォカッチャも、もちもちでおいしかったー。

Image1211.jpg
レンズ豆とソーセージのパスタ。
やっぱね、プロの味、おーいしー。


講演会の後はジョイフルでお茶して、寝太郎氏も含めて久々の再会で、いろいろ話せて楽しかったわん
また遠くないうちに会えるといいのだけど。


さてさて、お話も聴けたことだし、これからちゃんとレンガ本デビューしなくちゃね。
【送料無料】魍魎の匣 [ 京極夏彦 ]

【送料無料】魍魎の匣 [ 京極夏彦 ]
http://www.osawa-office.co.jp/blog/kyogoku/="">価格:1,140円(税込、送料込)



【送料無料】姑獲鳥の夏 [ 京極夏彦 ]

【送料無料】姑獲鳥の夏 [ 京極夏彦 ]
価格:840円(税込、送料込)


スポンサーサイト

theme : 怪談/ホラー
genre : 小説・文学

キッチングッズと当選。

我が家に新しいキッチングッズが仲間入りしました

まずは100均で。
Image1204.jpg
小花柄のトレーとまな板。

ちっちゃめのトレーをずっと探してて。
大きめの木製の持ってるから、ちっちゃめも木製の探してたんだけど、無印とかでも結構するのよね。
100均でないかな~って探してたら、かわいらしいの発見したのでこれで

あと、まな板もちっちゃめの探してて。
ちょっと切りたい時に、大きいのだとちょっとしか使ってないのに洗うのが面倒だわ~って。
表面はつるつるで、実用性としてはそんなにいい感じでもないですが、ちょっとだけ…の時にしか使わないのでこれでいいです。ビジュアルがかわいいので許します
ざるっぽくなってるのは水切りだって。豆腐の水切りとかに使えるらしい。
こちらは2枚セットで100円。おーとくー。


あとはホームセンターで寿司桶買いました。
Image1203.jpg

二人だからちっちゃめのやつ。
酢飯作る時今までボールで作ってたんだけど、ボールに米がつきすぎるのが嫌で。
ずっと欲しかったのがやっと買えました。
本格的なやつじゃないんで、周りの茶色いとこもプラスチックだし、本格的なやつは使う前にぬるま湯に浸けて…とかしなきゃいけないらしいけど、これは水洗いしてすぐ使えました。
まぁ、とりあえずいいよね。

早速前々から仕込んでいたお揚げさんを使って、お稲荷さんを作ってみました。withおそば。
Image1202_20130629102552.jpg
お稲荷さんは2回目くらいなんだけど、今回はおいしくできたー。
味付けして煮込んだお揚げさんがジューシーで、酢飯も詰め過ぎなかったからお揚げさんが破けなかったし。
酢飯の味付けに迷いましたが、お揚げさんに味が付いてるからあっさりめでいいみたい。
ぷーさんにも好評でした
ただ、寿司桶を使う前に、中を水で濡らし忘れたので、やっぱりお米がくっついた
今度はちゃんと濡らしてから使おう。
またお稲荷さんつくろー!

で、一緒についているお蕎麦は、八重の桜めん。

なんとこの度、久しぶりに懸賞に当選して、このお蕎麦はその懸賞品のひとつなのですー。

クレジットカード会社の、「東北を応援しよう!」みたいな懸賞で、こんなの届きました。
Image1185_20130629102445.jpg

まずは八重の桜めん。
Image1186_20130629102445.jpg
麺は桜色で、袋の外からも桜の香りがしてきます
Image1201_20130629102551.jpg
喉越しつるつるで、お味も最高でした!

あとはとろろ昆布と。
Image1189_20130629102448.jpg
これ、お吸い物にしていただきましたが、お味がしっかりしてて、身も厚くて、とってもおいしかったです。

Image1187_20130629102447.jpg
牡蠣味噌。
ご飯にのっけたり、冷ややっこや、牡蠣の土手鍋なんかにも使えるみたい。
牡蠣のうまみがぎゅーっと凝縮されたお味噌です。

有名ないちご煮。
Image1188_20130629102447.jpg
じゃないよ(笑)。
ウニとアワビを潮汁に仕立てたものらしいです。
一度食べてみたかったんだよねー。大切にいただきたいと思います。

せっかく東北のものをいただいたので、また何かの機会に寄付などさせていただきます。


年初めにみた何かの占いで、今年は懸賞に当たる…みたいなこと書いてあったの思い出した。
今年は積極的に応募してみるかー?!

theme : 暮らし
genre : 結婚・家庭生活

奇跡のリンゴ

「ポテチ」の監督さんつながりで見てきました~

絶対に不可能と言われた無農薬リンゴの栽培に成功した、青森県の木村秋則さんの物語。

DVDでもいいかな~と思っていたけれど、なんとなく「今でしょ?!」の気分だったので。

そんなに予備知識もなく観に行きましたが、無農薬のリンゴを作るために想像以上の苦労をされていたことがわかりました。

木村さんの努力もすごいものでしたが、それを支えたまわりの家族も素晴らしかった
テレビで木村さんのインタビューを見たことがあり、ものすごい苦労をしたけれど、奥さんはひとつも文句を言わなかったと言っていて、あんな苦労をしてひとつも文句を言わないなんて、それこそが奇跡なのでは…と思いました。

菅野美穂ちゃんがインタビューで、「観終わった後自分のまわりの家族が大切に思える映画」というようなことを言っていましたが、まさにそんな気持ちにさせられました

一点、農家の方にしては阿部サダヲの肌がきれいすぎるのが気になりましたが


涙涙で感動しましたが、思いっきり泣きたい方にはやはりお家でDVDがおススメです

theme : 映画感想
genre : 映画

僕等がいた。



ミスチル主題歌だったので気になっていて。
映画館に見に行くほどではなかったけど。

やはり配役かなー。
生田斗真くんに個人的に前ほど魅力を感じなくなっているのもある。
ただ、他に誰が…といわれると、思いつかないんだけど。
高校生役は想像していたよりみなさん大丈夫だった気はします。
たまに気になりましたが。
やっぱりこういうのは女性の監督さんがとった方がいいのかなー。
ときめきポイントが男性と女性、違う気がする。

後編は皆大人になっていたので、ドラマとして普通に楽しめました。

チルさんの主題歌は、前篇後編ご丁寧に違う曲だったけど、どちらもストーリーに沿った歌詞で、映画をドラマチックに盛り上げていました。


原作の方がおもしろかったかも。
ということで映画の総評は、☆みっつです!


主題歌は五つ星

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

ポテチ。



あんまり期待していなかったのに、面白かった~。

濱田岳くんが相変わらずの不思議キャラで、「すごいこと思いついたんだけど…」シリーズでケラケラ笑っていたら、ある事実?をきっかけにすごく切ない話に変わるんです。
面白ければ面白いほどそれが切ない。
面白さと切なさが同居している映画ってなんかいいな。

木村文乃ちゃんもかわいいし。大森南朋さんも出ています。

え?って言うほど短いので、物足りなさを感じるほど。
泥棒だけど探偵物みたいな話なので、まほろ駅前~みたいにシリーズ化したらいいのに~、と思いました。

監督さんは、今話題の『奇跡のリンゴ』もとってる人。
俄然観に行きたくなったよ

原作も読んでみたい。

theme : DVDで見た映画
genre : 映画

Cafeランチ♪

いつものメンバーで久しぶりのランチ。
外でランチは久しぶり。いつもは夜集合が多いからね。

場所はとっきぃが探してきてくれた、72cafe(ナツカフェ)。
建築家プロデュースによるカフェレストランということで、内装もめちゃくちゃオシャレでした

予約は今のところ先着3組までしかできないらしく、予約でない人がオープン時間にわんさかいらっしゃいました。
うちらはとっきぃが予約しておいてくれたおかけでスムーズに店内へ。
駐車場でひともんちゃくありましたけどね。
道向かいにたくさん停められました。

ランチはパスタと日替わりから選べましたが、おすすめのお肉料理とやらに惹かれて全員日替わりに。

カトラリーも素敵でねぇ。
Image1192.jpg
何より感動したのがこのおしぼり。
模様があるうえに、しっかり分厚くてウエッティ。

ハンモックがあったり、内装も本当に素敵。
Image1193.jpg
お水の器もかわいくて、細部にまでこだわりが感じられますよ。

スープは大根とごぼうのポタージュ。
Image1195.jpg
見た目よりあっさりいただけました。

前菜もかわいい
Image1194.jpg
夏らしいひんやりした小鉢で、胡麻和えも南蛮漬けも、家庭の味とは一味違うのよね。
胡麻和えにハムやソーセージを入れてみるのもいいかもしれん。
夏野菜のジュレが冷たくてねばねばでおいしかった~。

Image1196.jpg
こちらが人気のポークコンフィですって。
箸で切れるくらいホロホロ。
バルサミコソースでさっぱりいただけました。

ランチはここまで。
デザートはついてなかったので、デザートセットを頼みました。

ドリンクは、他のお客さんが頼んでて気になった、アイスコーヒーミルクセパレートとやら。
シェイカーで振った珈琲をあとからかけてくれるのです。
器もワイングラスでおっしゃれ~。
あ、とっきぃが見切れてた(笑)。

デザートは創作あんみつとやらをセレクト。
Image1199.jpg
創作というのが気になって。
確かに普通のあんみつとは一味違う。
ゆずの味がほわんと。さっぱりいただけます。
求肥がもちもちでおいしー。

友人の頼んだパライソジェラートというもの。
Image1200.jpg
こちらもソースはあとがけ。
ソースがちょっぴり洋酒風味で、大人のお味でした。

開店時間からいましたが、お客さんが尽きることなく大人気のようでした。
またパスタランチや、ディナーにも来てみたいな~。


2次会はPACOで。
今年の夏は、かわばっちゃんがタイのK子さんとこにいくとかで。
ちょーう、うらやましいです
日焼けに十分気をつけて、楽しんできてね
おみやげ話がたのしみだー!

おしゃれなお店にも行けて、たっぷりしゃべって気分転換できました
またの集合を楽しみにしていまーす

theme : cafe
genre : グルメ

手作りピザ。

久しぶりに生地からピザを作ってみた。

こねるときにぬるま湯を一気に入れたのが悪かったのかな。
まとまらなくて、お湯を足しちゃった。
なんかまとまりが悪いけどとりあえずいいことにして焼いてみた。

Image1190.jpg
具はサラミと玉ねぎ。ピーマンがなかった~。
見た目は悪くない感じだけど、食べるとハードなパンて感じ。
もっともっちりが理想だわ~。
今度はヘルシオレシピで作ってみよう。

Image1191.jpg
付け合わせはサラダにしようと思っていたけれど、ソーセージがあったのでポトフに。
かぶとレタスを入れたらうまかった~。


もっとうまく焼けるように、またリベンジしてみよう。

theme : 作ってみた
genre : グルメ

プラダを着た悪魔

最近TVでやっていて、久しぶりに保存していたDVDを引っ張り出して観てみました。



公開された当時は映画館で見て、ファッション雑誌を捲っているような煌びやかな世界と、アン・ハサウェイちゃんのかわいさに目を奪われたものですが、何年もたってから改めて観てみると、また違う角度から見ることができました。

パワハラ上司の理不尽な仕打ちにめげそうになりながらも、その時自分にできることを全力でする一生懸命さと、権力に負けず自分の意思を貫き通す強さ。
どちらも自分に欠けているものなので、こうありたいという生きる姿勢を学んだように思います。

主題歌も大好きで。


今でも聞くと口ずさんでしまいます

好きな映画ベスト10に入るほど、お気に入りの映画です


アン・ハサウェイの出ているレ・ミゼラブルも評判よかったみたいなのでみたいな~。

theme : 映画感想
genre : 映画

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。