08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国3日目。

最終日。

この日は14時半ホテル集合の半日フリーだったので、荷物をホテルに預けて張り切って朝から出かけました。

まずは地下鉄に乗って朝ごはんに目星を付けていたお店へ
辿り着いたのはこのお店。
韓国14.jpg
あるものの老舗の味を堪能できるお店なのです。

それはこちら。
韓国13.jpg
ソルロンタン。牛肉のスープ。
韓国料理にしては辛くなく、ほとんど味がないので、卓上に置いてある塩胡椒、キムチなどを入れて自分流に味付けしていただくスープです。
スープとはいえど、下にはご飯やそうめんが入っていて、全部食べるとお腹いっぱいになります。
でもやっぱり韓国料理は辛い物の方が美味しいかも。


老舗の味を堪能した後は、また地下鉄に乗って仁寺洞という街が近い駅で下車。
仁寺洞には伝統工芸品屋さんが並んでいるストリートがあるのですが、お店が開く時間まで少し時間があったので、その北側にある古い街並みの残っている地域をお散歩してみました。

韓国18.jpg
駅から少し歩くと、こんな風な古い家並みの地域があるのです。
美観地区みたいなものかな?素敵な街並み。
ギャラリーも点在していて、文化的な匂いのする街並みでした。

坂道をずっと歩くと、つきあたりでお目当ての場所に行きつきました。
韓国15.jpg
ソウル中央高校
冬ソナを見ていた方、見覚えありませんか?
実はココ、ユジンたちが通っていた高校のロケ地なのです。
そばで何かの呼び込みをしていた日本語のうまいおじちゃん曰く、今日は生徒が登校しているので入れませんが、入れる時もあるそうです。放送室に入ってみたかったな~。
ちなみにユジンがよじ登っていた塀はここにはなく、別の場所になるそうです。

そしておじちゃんが教えてくれたもう一つのロケ地へ行ってみました。
韓国17.jpg
ソウル高校から徒歩3分くらいで行けるココは、ユジンの自宅前の階段。
見覚えあるでしょ?
残念ながら自宅は数年前に取り壊されてしまったそう。
韓国16.jpg
原っぱになってました。

思いがけずロケ地も巡れていい時間つぶしになりました。
さていい時間になったので、てくてく歩いて仁寺洞へ。
最初に目指したのは伝統工芸ショップやギャラリーなどが集まったショッピングモール、サムジギル。
韓国19.jpg
地下1階から4階までオシャレな伝統工芸ショップやギャラリー、レストランなどが集まっているショッピングモールです。
オシャレな雑貨や陶器なんかのお店がたくさんで、一つ一つのお店を見ているだけで楽しかったです

サムジギルのある通りには、他にもたくさんの伝統工芸品屋さんが並んでいるので、お土産さがしにはもってこいの場所だと思います。


そしてお昼ご飯はこちら。
韓国21.jpg
カルククス。あさりのうどん。
量が多くて食べている間に麺が伸びてしまった
こちらもあっさり味なので、現地人はキムチなどを入れて食べているようでした。

韓国20.jpg
マンドゥ。韓国餃子。
ニンニクと野菜いっぱいで美味しかった

お昼ご飯の後通りをウロウロして、お土産もGETして、あっという間に時間が来たので地下鉄に乗ってホテルへ。
時間15分前に到着し、フリータイムを満喫したのでした

地下鉄で散策したことを話すと、「素晴らしい!」とガイドさんに褒められました
それもこれも韓国滞在歴のある同僚のアドバイスとガイドブック、親切なKorean達のお陰です
ガイドさんもとてもいい人だったし。
やればできるもんだね


母も韓国を気に入ったようで、また来たい!と言ってくれて何より。
普段家では話さないようなことも話して、母娘の親睦を深めるいい機会にもなりました。
やっぱり思い立ったが吉日で来てよかった

12年前は韓国の雰囲気を感じる程度の旅でしたが、今回はより深く韓国を知ることができたような気がします。
やっぱりこの国は面白い!
今度はソウル以外の街にも行って、もっと深く韓国を知ってみたいとも思いました。
ハングルも勉強できたらもっと面白いだろうな。。。


そして最後にガイドさんから教えてもらった韓国語で3日間の旅を終わります。
また会いましょうとありがとうの気持ちを込めて。

アンニョンヒケセヨ!



スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。