10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内国際芸術祭2010「小豆島編」

終わりましたね、瀬戸内国際芸術祭2010。

最初行くつもりはなかったのですが、テレビなどで現地での様子が紹介されているのを見て、むくむくと行ってみたいという気持ちが高まり…ぷーさんお疲れ旅行、プレ新婚旅行などを兼ねて1泊2日で行ってきちゃいました

まずはこれで下調べをして…

この本ホント役立った。
島にいた人絶対持ってた。


そして泊まりは小豆島。
ぷーさんの記憶にある限りでは小豆島行ったことがないって言うし。
島の中では一番宿泊施設が充実してそうだったしね

というわけで、朝から新岡山港へ。
なんとホテルの宿泊プランで帰りのフェリー代がタダだったので、車ごとフェリーで小豆島まで

Image656.jpg
久しぶりのフェリー。直島以来か?
しかし船での移動も乗っているだけなのに疲れるのう。

着いたら早速ランチへ。
小豆島では今ひしお丼というご当地丼が流行ってきているようですが、よさげなお店を発見できなかったので、とりあえず海鮮物が食べられそうな和食屋さんへ。
Image657.jpg
お刺身と。
Image658.jpg
てんぷらと。
Image659.jpg
やっぱりそうめんが付いてきましたよ。
さすがに美味しい

さて早速芸術作品鑑賞の旅スタート。
まずはこちら。
Image660.jpg
海になにかあります。
Image661.jpg
サッカーゴールみたいな?
Image664.jpg
よく見ると、人型でつながっていました。
Image662.jpg
おもしろい。
スゥ・ドーホー
Net-Work


海岸線をお散歩しつつ、次の場所へ移動。
小学校の中に作品が。
Image665.jpg

そして図書室へ。
Image666.jpg

Image671.jpg
なんとこのようなものが広がっていました。
栗田宏一
土と生命の図書館


よく見ると…
Image668.jpg
これは土らしい。

Image670.jpg
黒板に説明書きが。
瀬戸内海沿岸の地域で採取した土らしい。
もちろん岡山の土もありました。
いろんな色の土があるんですね。

この本を読めばもっとよくわかるそうです。

ぜひ読んでみたい。

お次は小豆島で一番行ってみたかったところ。
DSCN1221 - コピー.JPG
王文志
小豆島の家

と、棚田の風景。
日本の棚田100選にも選ばれているそう。
棚田の風景ってなんかすき。
自然の芸術って感じですね。

DSCN1224 - コピー.JPG
近づいてきました。

中はこんな。
DSCN1235 - コピー.JPG
寝転んだり、談笑したり、靴を脱いで上がってくつろいでいました。
歩くと青竹踏んでるみたいにちょっと痛い
でもひんやり気持ちいい~。

寝転んで天井を眺める。
DSCN1231 - コピー.JPG
すごいね~。
どうやって作ったんだろう。
DSCN1241 - コピー.JPG

ふと隣を見ると…
DSCN1234 - コピー.JPG
トド?
DSCN1236 - コピー.JPG
いえ、人です。

こんな風に思わずくつろいでしまって、いつまでもいたい気分でしたが時間もないので次に移動。

こんな場所もありました。
DSCN1248 - コピー.JPG
DSCN1249 - コピー.JPG
江戸時代から300年以上続くという農村歌舞伎の舞台。
丁度この日の夜農村歌舞伎があったらしい。
事前に往復はがきで申し込んでいれば無料で見られたらしいのですが、そんなこと知らなくって。今回は見送り。
いつか鑑賞してみたい。


周辺をとことこ歩いていくと…
DSCN1258 - コピー.JPG
うわぁ!田んぼの中にクジラ!
DSCN1254 - コピー.JPG
マンモス!
武蔵野芸術大学わらアートチーム
わらアート

これは子どもも大喜びでしょう。

周辺のアートも見つつ、あれの時間が迫ってきたのでまた移動。

やってきました、エンジェルロード
DSCN1263 - コピー.JPG
ここ、「天使の散歩道」というロマンチックな名前が付いているのですが、引き潮のときだけ現れる、島と島とをつなぐ道。
チャンスは一日二回と時間がかなり限られているのです。
大切な人と手をつないで渡ると願いが叶う…とのこと。
願いことを書く絵馬などもありました。
こういう限定モノに弱いんだよな~。


そしてもう一つの限定。
今日泊まるホテルが夕日100選に選ばれているホテルで、ぜひ夕日を見ようと早めにホテルに帰ってきましたが、あいにく曇り空で夕日は拝めず。
Image676.jpg
しかしお部屋は全室オーシャンビューです

そしてすっかり日も落ちて来たので本日の芸術鑑賞は終了。
Image673.jpg
Image674.jpg
がっつりお夕飯をいただいて温泉に入ってゆっくりさせていただきました


小豆島。
芸術鑑賞のみで他の観光地はほとんど行けなかった。
また観光で来たいなー。


明日は豊島→男木島→女木島を巡る欲張りコースでーす





スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。