08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記。 フィレンツェ 

はい、フィレンツェの朝です。
どんよりだけど、北はいつもこんなお天気みたい。
雨じゃないだけラッキーか。

IMG_0209.jpg
アルノ川。
IMG_0319.jpg
こんな川沿いのホテルに泊まりました。
今夜もお世話になります。

昨晩はトイレとベッドの往復でえらい目に合いましたが、それで悪いものを出し切ったらしく、全快ではないものの観光には行けそうです。
後で話を聞くと、ノロウィルス的なものが流行っているらしく…先に気分の悪くなった人は現地のお医者さんまでよんで大変だったみたい。
私の後から気分が悪くなった人もいて、この方たちも本日の観光を欠席されてました。
やはり旅は何があるのかわからないので、薬の携帯は必須ですな

さて、気を取り直してまずはバスでミケランジェロ広場へ。
IMG_0210.jpg
ミケランジェロのダヴィデ像。
お初にお目にかかりますが、レプリカです。


ここではこんな景色に出合えるんです。
IMG_0212.jpg
ドゥオモが見え、「冷静と情熱の間」を思い出しました。
会いたかったこの景色を見たら、元気が出てきました

バスで中心部へ。
まずはフィレンツェ名産の革工房のお店に案内してもらいました。
フィレンツェは職人の町なのですね~。
IMG_0219.jpg
その途中に見かけたイケメンさん。
思わず急いでシャッターを切ってしまいました。
イタリア男子は全員がイケメンに見える~

小道を歩くと「リーンゴーン、リーンゴーン…」と時折鐘が鳴り響き…雰囲気がとてもいいのです。

IMG_0225.jpg
木工品のお店?
歩いているとこんなかわいいお店をいくつか見かけ、後から行こうとしていたのに自由時間が足りず…。フィレンツェはかわいいお店が多い!

革工房でお土産を物色した後は、ドゥオモ目指しててくてく歩きます。
街歩きも楽しい

IMG_0221.jpg
サンタ・クローチェ教会。

IMG_0228.jpg
とある交差点で。
この建物の中にはレオナルド・ダ・ヴィンチが暮らした部屋があるそうです。
うひょ~

IMG_0232.jpg
シニョーリア広場。
回廊にはひとつの大理石で三体の人間を彫った彫刻など、歴史のある彫刻が並んでいます。

IMG_0231.jpg
ここでもダビデちゃん発見!
これもレプリカざます。
本物はアカデミア美術館にあるそうです。
いつか本物を見たい。

IMG_0233.jpg
ヴェッキオ宮殿。
1314年に完成したゴシック様式の政庁舎で、メディチ家の宮殿だったこともあるそう。
現在は市役所ですが、この中で結婚式を挙げることもできるらしい。

IMG_0236.jpg
広場を出るときに花嫁さんに出会いました。
まさかヴェッキオ宮殿で?!
お幸せに

IMG_0239.jpg
凱旋門?
ここにはメリーゴーランドもありましたが近づけず…。

IMG_0238.jpg
甘栗屋さん。イタリアにもあるんだ。結構イケるらしい。

そしてドゥオモ周辺へ。
IMG_0242.jpg
消防署。ちっさ!
石のお家だから火事が少ないのかな~。

IMG_0241.jpg
わーおなパンツ。
ピサで同じようなの見かけて撮り逃したのがくやしい(笑)。

IMG_0240.jpg
やっとドゥオモに到着。どっしりしてます。ローマのサン・ピエトロ大聖堂などに次いで世界三番目の大きさ。高さは100m以上もあります。
13Cに着工して全部できるまでに600年もかかったらしい。
正式な名前は「サンタマリア・デル・フィオーレ(花の聖母)大聖堂」。
一見渋く見えますが、よく見ると外壁は白、ピンク、緑の大理石で飾られていて、柔らかな印象を受けます。
ガイドさんから説明を聞きながら、しみじみ見入ってしまった。
それくらいディティール細かすぎ!歴史ありすぎ!

IMG_0244.jpg
正面から中に入ることができます。
IMG_0249.jpg
IMG_0252.jpg
IMG_0250.jpg
出た、「最後の審判」。クーポラ(丸い屋根)の内側にあります。


もっとよく見たい!ということで、自由時間にクーポラの展望台に登ってみることに。
IMG_0260.jpg
しかし階段は400段以上もあります。
病み上がりの体に(というかまだ上がってもいない)、狭くて長い階段を上るのはめちゃくちゃしんどかったですが、上がってみるとこんな景色を見ることができるんです。
それにしてもしんどかった

今度は階段を降りつつフレスコ画をじっくり鑑賞。
IMG_0259.jpg
IMG_0265.jpg
IMG_0266.jpg
なんとひび割れまで見えちゃうくらい間近で見ることができます。
大迫力!

念願のドゥオモを見て、大満足
本当にどれもこれもがすばらしい


あっという間の自由時間も終わり、集合場所のリストランテに向かいます~。
スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。