10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア旅行記。 バチカン美術館とシスティーナ礼拝堂

あ!っと言う間の最終日。

本日のガイドさんはこの方。
IMG_0521.jpg
鯉のぼりが目印です(笑)。
おとといのローマ観光もこの方だったのですが、日本語ちょっとびみょ~なんだよな

とか思いつつ、旅の大トリ、バチカン美術館を訪れます。
IMG_0523.jpg
バチカン美術館は歴代ローマ教皇の収集品を収蔵展示する世界最大級の美術館。
500年以上の歴史を持ち、1400の部屋、大小の礼拝堂、図書館などがあります。


まずは美術館へ。
入る前に館内で簡単な(といってもすごく長かった。長いのによく聞き取れない)説明を聞いて、いよいよ内部へ。
入ってすぐに貴重な大理石の像がお出迎え。
IMG_0524.jpg
ラオコーン像。
作者不明。西暦50年頃の作品。

IMG_0527.jpg
IMG_0529.jpg
ピーニャの中庭。

IMG_0533.jpg
どこをどう通っているのかわからないけどぐんぐん進みます。
本当は混雑する館内が、オフシーズンなので閑散。
写真も余裕で撮れます。ラッキー。

IMG_0534.jpg

IMG_0535.jpg

IMG_0537.jpg
天井画の女性は聖母マリア。

IMG_0538.jpg
これは床絵。青の部分はラピスラズリですって。
キリストが誕生した流れ星の夜を描いているらしい。

IMG_0539.jpg

IMG_0541.jpg
これは天上画。
彫刻のように見えますが彫っていないだまし絵なんだって。
なんかおちゃめ。

続いてはタペストリーのギャラリー。
IMG_0543.jpg
大きな絨毯みたいなタペストリーにキリストが描かれています。
このギャラリーではこんなのがずっと続いていました。

IMG_0545.jpg
次は地図のギャラリー。
きらびやか

昔のイタリアの地図がたくさん飾ってあります。
IMG_0549.jpg
でかい。

IMG_0552.jpg
美術館、全部は回ってないと思うけどいろいろなものを見て、説明も聞いたけれど忘れちゃってるな~。
なんか本買おうかな


で、ここからシスティーナ礼拝堂に移動。
ここは最も厳重で、写真撮影は禁止。私語も禁止なのでうるさくしてたら「シー!」って注意されます。

システィーナ礼拝堂は、バチカン宮殿内に建てられた礼拝堂。ミケランジェロが描いた創世記などの大天井画、「最後の審判」の壁画で有名です。教皇を選出するコンクラーヴェの会場としても知られています。

礼拝堂内で自由時間が与えられ、ゆっくりと鑑賞できました。
ミケランジェロの「最後の審判」は1536年~1541年に作られ、黙示録に記された「世界の終りにキリストが降臨し、あらゆる人々を裁く」さまが描かれた大作。
祭壇側の壁一面に400人近い人が描かれ、向かって左側に天国へ昇るもの、右側には地獄へ落とされるものが描写されています。


壁画はやはりすごかったです。天上から壁一面に描かれていて、壁際の椅子に座ってずっと眺めていました。。。


そしてこれでツアーはおしまい。
美術館ツアーに参加しなかった人たちをホテルに迎えに行き、ローマの空港(その名もレオナルド・ダ・ビンチ空港!)へ。

最後にユーロを使い果たすべく免税店をふらふら。
おすすめのクッキー屋さんを見つけました
Image745.jpg
ローマの免税店て2カ所あったと思いますが、最初の免税店の結構端っこにあった。
カンカンや箱が可愛くておいしいのに結構安かった。
そこのお姉さんが聞き取りやすい英語で話しかけてくれて、試食もいっぱいさせてくれます。
のせられてマロンペーストまで買ってしまった。
使い方が分からずまだ置いてありますが
Image744.jpg
クッキーもバニラとかレモンとかいろいろ味があって美味しかったよ。
一緒に写っているチョコレートはツアー中に連れて行かれた土産店で工場直送のチョコレートというのに引かれて買ったらめちゃおいしかったという当たりの一品。
たしかナポリ行った時だったと思う。このチョコレートもおすすめ

で、空港。
搭乗直前で迷った末にイタリアメイドの財布を無事GET。
これも思い出の品になります。

16:05にローマ発、日本に昼12時頃到着。
そっからリムジンバスで岡山IC。丸亀製麺で念願のうどん食べて、無事帰路に着きました。

あ~、ホントあっという間だったわ。
これ書いているのが3月で、もう二カ月前の話で薄れた記憶を頼りに書きあげたので間違っているところや重要なところが抜けているのもあると思います。
写真を見ていても、これなんだっけ?がいっぱいだし。

しかしイタリアという国は本当に奥が深くて、楽しい国でした。
歴史の深さと、ちゃんとその遺産が残っていることがすばらしい
その時だけじゃなくて、帰ってからももっと知りたい欲をかきたててくれます。
世界史大嫌いだったこの私が、興味深々になってるからね
もっと美術館行きたかったし、フィレンツェで街歩きしたいし、青の洞窟も行きたいし、アマルフィも行ってみたいし、心残りがたくさんあるので、ホントにまた行けたらいいな~。

映画やテレビのイタリアものを見たり、お土産で買ってきたパスタ作ったり、うちではまだまだイタリアフィーバーが続いています


そして旅の記録はここまで。
また今度、番外編もやっちゃいます

あ~、写真の整理もしなきゃ



スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。