04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

静岡旅行 apbank fes'11編その3☆

そろそろ太陽が降りてきて…でもまだまだ西日がまぶしい夕方。

私たちにとってはお待ちかねのJUN SKY WALKER(S)のパフォーマンスが始まりました

最初の曲はきっとジュンスカで一番有名なあの曲、「歩いていこう」!
会場一気に爆発

ボーカル宮田さんの震えるハスキーボイスもロンTも、アンプに足をかけて歌う姿も変わってね~ってうれしくなりました

純太君も呼人さん(ゆずのプロデューサー)も小林さんも、しっぶ~くなってて大人のおじさま達の魅力にやられました

ホントカッコよかった~。
「休みの日」とか、「すてきな夜空」とかも懐かし~。
ジュンスカの詩って、何気にロマンチックよね

途中「日陰~!」って会場の一番後ろの人たちの大きなウェーブが見れたりして、それも楽しかったな。


盛り上がった、楽しくて懐かしいパフォーマンスでした


そしてこの後また小休止があり…太陽もやっと山に隠れて、いい感じに涼しくなってきたところでいよいよミスチル兄たちの登場です。
ジュンスカの時にはいなかった人たちも帰ってきて、全員出席って感じの中最初の曲は「Dance Dance Dance」!
こりゃーもう、歌って踊るしかないでしょ~!!!
はーはーいいながら、続いては「Worlds end」。
意外な選曲でした。壮大で好きな曲だけど。
またまた壮大な「and l love you」。
みんなで口笛合掌した「いつでも微笑みを」。
これ、実際はどんな音になっていたのかぜひDVDで確認したい。
「youthful days」から「エソラ」でまた大盛り上がり
そして「innocent world」でまたまた大合唱。みんな歌えるのがうれしい~。
アンコールは「かぞえうた」。震災への支援ソングです。

いっぱい歌ってくれたけど、あっという間だったな。
9月に大阪行くからね。また楽しみにしてよう。

そしていよいよto Uで終わり。
salyuと桜井さんのオリジナルバージョンが聴けてよかったな。
本当にいい曲だよ~。いい感じに背中を押してくれるのです。

名残り惜しく出演者たちに手を振って、規制退場に従ってゆっくりと。
昼間には暑過ぎて堪能できなかった屋台の雑貨達を見つつ。
弟が見ていた、ライブ会場とは別の広場で開催されていたTHEATRE BROOKの佐藤タイジさんのミニライブ。
もう帰るよ~って声をかけに行ったところで、なんとサプライズでsalyu登場!
うわって盛り上がって、人がたくさん集まってきて、うちらもステージ前方に移動。
加えてbankbandのチェロ担当四家卯大さんも登場して、上質のミニライブが始まりました
THEATRE BROOKってバンドのボーカル佐藤さん。
初めてお会いしましたがトークがめちゃめちゃ面白かった
HEY3とかでダウンタウンと絡んだら面白そう(笑)。
歌もうまくて、シンディ・ローパーの「Time after Time」、THEATRE BROOKの名曲「ありったけの愛」などホント最後にええもん見せてもらいました


「今年も終わったね」って余韻に浸りつつ、弟を袋井駅に送るため袋井方面へ。
会場でゆっくりしていたのであんまり混んでなかったな。
途中「来来亭」でラーメン食べて、友達が待つという袋井駅に到着。
今晩は友人宅にお世話になるらしい。
名残り惜しくバイバイして、うちらは浜松へ。
袋井から2,30分と近くてよかった。
会場近くでもないけど、ライブ帰りの若者がいっぱい泊まってた。
みんな会場近くでとれなかったんだね~。
でも安いのに朝ごはんバイキングもなかなか良くて、いいホテルでした。


楽しみにしてたのが終わってしまった。
来年も行けるかな?


とりあえず、静岡旅行観光編また書きます
スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。