10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦旅。和歌山3日目

和歌山最終日の朝。

朝ごはんを食べた後、せっかくなので宿周辺のお散歩に出かけました。

橋があった。
IMG_1508.jpg
渡ってみた。
が、この橋思ったよりもぐらぐらして、高所が比較的平気な私でも恐かった
高所苦手なぷーさんも恐る恐る。

橋からの眺め。
IMG_1509.jpg
下は川だし恐いよ~。

IMG_1515.jpg
橋を俯瞰で見る。
この温泉地は山に囲まれています。
何を隠そう、2012日本の人気温泉地ランキングの秘湯部門で1位に輝いているのですよ
ホントに辿り着くの大変だったから、まさに秘湯な感じがします

宿の裏手の山に、滝があるということだったので、せっかくなので登ってみました。
IMG_1521.jpg
ちょっと登れば着くと思っていたら、結構な距離を登らされて…

IMG_1516.jpg
やっと着いたのが曼荼羅の滝。
細々と流れておりましたが、実はこの滝、小説「大菩薩峠」の机龍之介が失明寸前に、この滝で洗顔治療し、全治したことで有名になった滝だそう。
よくこんなマイナーな?滝を題材にしたな。

滝を降りたところには…
IMG_1522.jpg
IMG_1523.jpg
温泉寺というところがありまして、弘法大師が難陀龍王の夢のお告げで温泉を見つけ、薬師如来を安置した場所だそう。そんなすごい場所がこんな地味なところにあるなんて。
そしてこの龍神温泉、実は日本三美人の湯のひとつなのだとか。
確かにお湯がしっとりとしていて気持ちよかったわ~
効果があるといいのだけど

お散歩と言いながら、朝から結構な運動をして、龍神温泉ともさよなら。
IMG_1524.jpg
また来ることがあるかしら~。


さて、最終日のメインは高野山です。
昨日とは打って変わって、高野龍神スカイラインと言う走りやすい道をドライブ

中間点には…
IMG_1529.jpg
ごまさんスカイタワーというのがあります。
展望台にもなっています。
IMG_1525.jpg
護摩壇山の眺め。
源平の合戦に敗れこの地に落ち延びた、平家の平維盛が護摩木を焚いてその命運を占ったといわれる伝説の山です。
ごまさんタワーは護摩供養の護摩木を積み上げた形なのだそう。

高野山まで約1時間の道のり。
到着です~。
IMG_1530.jpg
高野山にはお寺などいろいろな見所があるのですが、まずは奥の院というところに行ってみました。
弘法大師が生前に自ら入定の場所と定めた地で、弘法大師が今もいきていると信じられている聖地です。
高野山開山にあたり、弘法大師が約20キロメートル四方の結界を引いた山の中でも、特に奥の院の弘法大師御廟は聖域とされているそうです。
思った以上に観光客がたくさんいて若干興ざめしますが、厳かな気持ちを持って参道を進みます。

IMG_1532.jpg
御廟までは約2㎞の道のり。
進んでいくと、杉林の間に本当にたくさんの供養塔が並んでいます。
日本の大企業から、豊臣家や織田信長など歴史上の人物まで。
法然上人・親鸞上人の供養塔もあります。
その数は定かではないですが、30万基以上あるそうで、弘法大師様のすごさをうかがわせます。
変わった形や大きさもいろいろで、それらを見ているだけで飽きません。

IMG_1533.jpg
たくさんの人がお参りしています。
この先に奥の院があり、弘法大師の霊廟があるのですが、ここから先は撮影禁止です。

今日もスケジュール巻き巻きの予定なので、帰りもさまざまな供養塔に目を奪われながら奥の院を引き返しました。

お昼ご飯は旅サラダにも出ていたお蕎麦屋さんの予定でしたが、簡単に見つからなかったので、コンビニのおにぎりで済ませて、予約していた数珠作りの工房へ向かいました。

時間通りに行くと、道具などを用意してくださっていました。
IMG_1535.jpg

旅サラダの時の杉山愛さんのサインもありました。
IMG_1534.jpg
左はどなたのものでしょうか。

教えてくださるご主人は、先祖が弘法大師にお仕えした方だそうで、数珠に用いる珠の中には高野杉を加工した珠もあるそうです。
IMG_1536.jpg
気持ちを込めながら珠を磨き、
IMG_1538.jpg
数種類ある紐の中から好きな色を選び、先生から教えられる通りの順番で珠を通していきます。
珠の色も自分で選びます。
組みひもは、ぷーさんと協力して行うところもありました。
最後は木に自分の名前を焼きつけて、完成です。
途中、高野山や弘法大師のお話を聞きながら、約2時間で出来上がりました。

「高野山」の字は先生が焼きつけてくれました。
世界にたった一つの数珠です。これから願いを込めて、大切に使います。
いい思い出ができました

御主人にも押さえておきたいおすすめの場所を聞いたので、急いで移動します。
その一つ、霊宝館へ。
IMG_1541.jpg
高野山内には117の寺院があり、そこに伝わる寺宝は膨大な量があるそうですが、こちらではそのうちの国宝、重要文化財などを収蔵しているそうです。
古くは平安時代から鎌倉時代のものなど、貴重なものが本当にたくさんありました。
弘法大師坐像もこちらにあります。

夏期特別展などで随時展示替えをしているようですが、タイミング良くこんなものを見ることができました。
IMG_1542.jpg
清盛が自分の血で曼荼羅に色を塗るシーンは印象的でした。
本物は、思っていた以上にとても大きなものでした。
貴重なものを見ることができてラッキーでした。

こちらもゆっくり見たかったのですが時間が無いので移動して、最後に壇上伽藍を見に行きました。
弘法大師が高野山開創の際に真っ先に着手した場所だそうです。
IMG_1544.jpg
根本大塔(多宝塔)は、伽藍中心の塔です。

IMG_1545.jpg
三鈷の松。
松葉が三本と言う珍しい松。
大師が唐から、伽藍建立の地を占うために投げた三鈷がかかったと伝えられる松です。

IMG_1546.jpg
金堂。
高野山一山の総本堂で、年中行事の大半がここで行われるそうです。

他にも敷地内に貴重な建物などがありましたが、時間もないので退散
結局お蕎麦もいただけず、名物の麩饅頭だけようやくGETして、高野山を後にしました。

この後どうにもお腹が空いたので、大阪との堺の橋本市のバーミアンで中華をかきこみ、深夜にならずに帰宅することができました。

そして車を開けると…なんと、龍神温泉で開けた梅酒のビンが倒れて中身が漏れていて、シートに全てしみ込んでおりました
なんちゅうことか…旅の最後の最後でえらい目にあいました
シミは残りましたが、ぷーさんが拭いて乾かして、なんとか大丈夫だったみたいです。
旅の最後になんかあるよな~。


移動が大変な旅でしたが、世界遺産やパワースポットをたくさん巡ることができ、温泉にも入って、念願の数珠も作ることができて、心身ともに満たされる旅でした。
急ぎ急ぎだったし、金剛峯寺などまだ行けなかったところもあるので、またゆっくりと訪れたい場所になりました。


次はSMAPだー!

スポンサーサイト

theme : 神社・仏閣巡り
genre : 旅行

ずっと、我慢していたが、我慢できん。
ちょっとツッコミいれていいかしら。

「もうすぐクリスマスでっせ」
だが、あたかも、今が8月のような日記が更新されていく・・・(笑)
ヽ(`Д´ )ノあ~、言ってやった~!!

それはさておき、「熊野」チョ~いいね!!
私も行きたいけど、マジで不便なところにあるよね。
私は「ヤタガラス」グッズ(?)が欲しいのよ。
ファンタジー好きとしては、「ヤタガラス」みたいな存在が大好きだ!!
信仰心ではなく、ミーハー感覚で。

とにかく。
良い旅をなされたな!!
羨ましす!!

ところで、「数珠作り」の写真は誰が撮ってんの?
「教えてくださったご主人」のサービス撮影?

なはは~、やっぱそう思うよね~。
ただ、時間が無かったりですぐ書けないのと、記録も兼ねているので、日付は出来事があった日で登録したいんよね。でもテンプレートは今の季節感出したいので、せめて色は涼しげなものを選んでみました(笑)。
夏の思い出は今年中には終わらせたいです~(汗)。

熊野は奥が深くてとてもよい場所でした。
何度でも訪れてみたい…が、確かに場所が遠い。
電車でも行けるけど、移動は大変かも。
見所もたくさんあるし、時間に余裕がいるね。
ヤタガラス好きって知ってたら絵葉書送ったのにー。
グッズには私もそそられました。

数珠作りの写真は御主人がすすんでとってくれました。
最後に握手もして、とてもいい方だったよ。
観光だけじゃなく、こういう体験ができたのもよかったです。

こりずにまた見てね~i-237
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。