11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親孝行旅行:四国編2日目

旅行2日目。

天気が心配されましたが、お義母さんの自称晴れ女の予言通り、なんとかもってくれているようです。

バイキングの朝ごはんをいただいて、徒歩で日曜市に向かいました。

日曜市は、高知城から1㎞以上にわたって露店が500以上も並ぶ、全国でも最大級の露店市です。

Image1153.jpg
野菜、果物、海産物、パンなどの食料品や、お土産品、骨董品、金物も売っていて、見ているだけで楽しくなります。
露店のおばちゃんと話したり、試食させてもらったり、食べ歩きをするのも露店市の楽しみですよね。

たくさんある中でも気に入ったのが…
Image1155_20130412091948.jpg
フルーツトマト。
これ、めっちゃ甘いんです!
旅館の夕食でいただいて気に入って、日曜市で探そうと思っていたら、探すまでもなくたくさんありました。
試食させてもらった時に、甘いのに、少し塩を振ったみたいな味がするので聞いたら、塩田の土で作られているからとのこと。納得。
ただ、価格が普通のトマトよりお高めです。
このサイズで一つ100円近くします。このパックで1500円。
お義母さんがお礼にと買ってくれました。
もったいないので、一日ひとつずついただいています。
甘くておいしー。

あとは文旦もたくさんありました。
Image1158.jpg
これはうちの親に貰ったもの。
まだいただいていませんが、ほのかにいい香りが漂っています。

定番の。
Image1157.jpg
甘塩味と、胡麻味と、四万十の青海苔味の三種類。
他にもいろいろな味が試食できました。
塩味を買おうとしたら、試食させられて、全然甘くないよって、その通り。
ホントの塩味でした。
あとニンニク味もあってぷーさんは気に入ったみたいでしたが私はイマイチだったので却下しました(笑)。
青海苔味は以前友人に勧められておいしかったので、今回一番欲しかったものでした。
放心状態でぽりぽりぽりぽりいただいてしまうので、危険な食べ物です

他にも時節柄いちごがたくさん並んでいたので大粒の苺を2パック。
当分苺祭りでした
あとはお義母さんが買ってくれたちりめんじゃこもおいしかったー。

名物のいも天とか、焼き鳥とかもあつあつでおいしそうでしたが、朝ごはん食べてきちゃったので食べられず。
次に行く時は、朝ごはんのない素泊まりで、日曜市でご飯をいただくのもいいかもー。

10時くらいから2時間くらい堪能して、お土産たくさん積み込んで、ホテルを出て次の目的地に向かいました。

お次は桂浜にある、高知県立坂本龍馬記念館です。乙女姉さんや、後藤象二郎あてに出した手紙(本物)や、近江屋で最期を遂げた龍馬の後ろにかかっていた血痕の付着した掛け軸(複製)など、貴重なものや興味深いものがたくさんあって、龍馬の軌跡をたどることができます。
展望台から桂浜が悠々と見えて、龍馬もこの海を見ていたのかと実感が湧いてきます。
って私、図書館の職員旅行で来たことあったわ。
展示している歴史資料は随時入れ替わるようなので、何度来ても楽しめると思います。

みんなそれぞれ龍馬をじっくり堪能していたら時間も経ったので、お昼ごはんの場所を探しに出発しました。
少し走るとお土産屋さんとレストランが併設した場所がありました。
Image1154.jpg
ちりめんとカツオのたたき丼をいただきました。
やっぱり地のものは新鮮でおいしいですねー。
高知名物を食べ納めました。

ここからはノープランだったのですが、ちょっと離れますが須崎の方に四国で一番大きい道の駅があるというので行ってみました。
大きさ的にはんーって感じでしたが、ここでもお土産をいろいろ買いました。
やっぱり道の駅って楽しいなー。

Image1156.jpg
かんざしは有名ですね。
私、このお菓子好きなんです。
ぷっちんようかんはホテルの土産物屋さんでうちの母が買ってくれました。
なんとなく懐かしいような。
そしてこのようかん、想像以上においしかったです。

Image1159.jpg
地のりも好きな食材。
おみそ汁に入れたり、麺類に入れたり、用途もいろいろ。
すだちドレッシングは徳島で。
そんなに酸っぱくなくて、さっぱりしていておいしい。リピしたいかも。
カツオのたたきは燻製。
ワサビ醤油がおいしいと聞いたけど、砕いてサラダに入れたりしています。

っと、思い残すことなくお土産も買って、16時頃に須崎を出発。
19時くらいには倉敷に着きました。
うちの親を降ろして、岡山にあるお義母さんのお姉さんのお家へ。
途中夕食をとって、無事に送り届けました。
数日泊まるそうです。


徳島から高知と距離も長く、博物館ではたくさん歩いたりと皆疲れたと思いますが、道々咲いている桜を見てお花見気分を堪能できたり、おいしいものもいただいて、芸術歴史鑑賞もでき、なかなか充実した旅になったのではないかと勝手に自己満足。
退職祝いということでしましたが、これからも皆元気で好きなことを楽しんでもらって、この旅が少しでも楽しい思い出として残ってくれたらいいなぁと思いました。


次は義妹家族との第二弾がある予定。
計画進めないと。
スポンサーサイト

theme : 国内旅行
genre : 旅行

Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。