08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

You've got mail


You've got mail

ひっさびさに観た。

きっかけは、ある日の昼休みの会話から。

同僚の40代主婦Yさんに、私の前職が司書だったことを話すと、

「それって、「ユー・ガット・メール」に触発されて?」

「いや、そういうわけじゃないですけど…でもあの本屋さんいいですよね?」

「いいよな~。もしかして、今日の服装もメグ・ライアンを意識して?」

「(笑)そんなわけないですよ、今さら(笑)」

「そうよな。結構前よな」

「たぶん10年くらいは前じゃないですか~?」

って、借りてきて見たら1998年製だった。まさに10年前。

この日に着ていた紺色のワンピースは、たしか10年くらい前に買ったものだ(←物持ちがいい)。
確かに、劇中のメグ・ライアンが同じようなワンピースを着ているシーンがあった。

あながちYさんの言っていたことも遠くなかった?

しかしこの映画、当時はネット恋愛の走りで、こんな出会いのきっかけもあるんだ~って、当時の私は目をうるうるさせて観ていた覚えがあるが、今見ると相手役のトム・ハンクスに腹が立ってしょうがない。

自分が直接の原因ではないけれど、母親の代から大切に守り続けてきた素敵な本屋さんを結果的に潰したし、途中でメル友がメグ・ライアンと知っていながら、知らないふりして会い続けて、メグ・ライアンをそそのかすようなこと言ったり…。やることが汚ねえ!(笑)。

結局メグ・ライアンがそれにほだされて、二人がうまく行くのがこれまた腹立つ!

メグ・ライアン目を覚ませ!その男はあなたの大切な仕事を奪った男だよ!
そんな男にだまされちゃダメ!って、心の中で叫んでました(笑)。

昔はそんなこと1ミリも感じなかったのに。
10年で人の感覚ってもんは変わるもんだね。
当時はこの映画の中に恋愛しか見ていなかったけど、今回は恋愛よりも、メグ・ライアンが大切にしていた仕事の方に感情移入してしまった。
あの素敵な本屋さんがなくなったのが本当にもったいなくって。

もしかしたら、あの話の続きで、トム・ハンクスの力で本屋さんを蘇らせたりなんかしちゃってるかもしれないけどね

昔見た映画や本を読んだりすると、自分の意識の変化を見ることができて、なかなか面白いもんだな~。

いや、この映画、雰囲気は好きなんだけどね。。。

スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。