10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋する脳の育て方。

今日は有給を取って、約1年半ぶりとなる健康診断に行ってきました

そこで嬉しい結果が!

体重が、渡豪前の体重に戻っていたのです!いやっほ~!

帰国して早10ヶ月目。渡豪中に6kgも増やした体重が、果たして元に戻るのかどうか半信半疑なまま日々を過ごしておりましたが、どうにか数字的には元に戻ったようです。

数字的には、というのは、特にお腹周りのお肉がまだオーストラリア仕様な感じがしてしょうがないからなのです(あちらの女性の腹周りはかなり凄い。まるでお肉の浮き輪を付けているみたい。それをポコっと出したままTシャツやキャミを堂々と着ている。でも向こうでは見慣れているので何とも思わなくなる。そして自分もそうなる(笑))。

お腹周りのお肉はなかなか落ちないってホントね。
やっぱり腹筋を復活させないととれないかね。でも暑いからめんどくさいね。
気が向いたらしよう(笑)。

とにかく、私の後に帰国したハタチの子が、数か月も経たないうちに5kg減った!とかいっててて、やっぱり若い子は戻りが早いのねもしかしたらこのまま完全には戻らないかもしれない…なんて落ち込んでたので、知らず知らずに戻っていたことが今日数字で証明されたことがうれしかったのです。

やはり食生活がカロリーの低い日本の料理に戻ったことがよかったのか。それとも、通勤時に毎朝(たまに帰りにも)20分程度歩くからか、それとも、最近始めた「朝食抜き」が功を奏しているのか…。


実はここ数か月、私は朝食を抜いている。

なぜか。

それは「恋する脳」を育てるためである。

な~んて言ったらまた笑われそうですが、この本を読んでから、朝食を食べない食生活を送るようになったのです。


“恋する”脳の育て方佐藤富雄

このピンクの表紙といい、な~んだ、自己啓発本かよ、ウゼ~とか思われそうですが、中身は脳医学の先生が書いた、違う意味での脳トレ本とでもいいましょうか…。

私はこの本を、キャリアウーマンのバイブル?「日経WOMAN」の中で、それこそキャリアウーマンの一般女性が単なる恋愛指南ではなく、仕事にも役立つと紹介していたのが気になって、購入したのです。

詳細は省きますが、とにかく現代の女性の脳は情報でいっぱいになっているので、「思考脳」というのを休ませる必要があると。そして、誰もが平等に持っている、「原始脳」を刺激して積極的に働かせることで、あまり考えすぎずに自分に合う人、運命の人を見つけることができるということなのです。

その「原始脳」とやらを活発化させるためにまず必要なのは、3食の中の朝食を抜くこと。
私たちは朝食を抜いてはいけない、朝食を抜くと元気が出ないし仕事ができない、という考えのもとで生きてきましたが、実は成人は、2食で十分なんですって(成長期の学生や激しいスポーツや労働をしている人などは除く)。むしろ3食食べる方がカロリー過多で体にも良くないそう。

ということで、早速実践してみたところ、最初はちょっと元気が出ないかもと思っていましたが、だんだん慣れてきて、まあ昼食前にはお腹も減りますが、仕事に支障をきたすというほどでもなく、今のところ続いています。(空腹を紛らわせるためには、熱い緑茶を飲むといいらしいよ。)
そして、胃が小さくなったのか、食事の時に前ほど量を食べなくても済むようになりました。

もう一つ、原始脳を活発化させるために必要なのが、毎日のウォーキング。
これはもう一般的に推奨されている健康法のひとつですが、脳の中に快楽ホルモンが分泌され、不平不満など良くない感情が全て吹き飛び、心がプラス思考に転換して、明るく、軽く、健やかになるそうなのです。そして自分の事が大好きになり、自分以外の誰かのことも大好きになれる。そうやって原始脳を活発化させておけば、あとは肝心な時にビビビっとくるのを待つだけ。らしいよ(笑)。

ちなみにウォーキングは、たくさんすればいいってもんじゃなくて、こまぎれでもいいので1日30分から1時間でいいらしいです。

もともと三日坊主の典型の私が数か月続いているこの習慣。
私でもできるくらいだから、そんなに自分に負担がかからない方法だと思います。
痩せれて、しかも運命の人に出会えるなんて、こりゃやるっきゃないね!(笑)。
ま、私の場合痩せたといっても以前の体重に戻っただけだし、まだまだビビビっともきてないので(笑)、これからもこの習慣は無理のない範囲で続けていきたいです。


といいつつ、明日はランチバイキングに行く予定が

食べたい物を我慢するのは、きっと脳にも良くないはず!
原始脳に忠実に生きましょう(←言い訳(笑))。


佐藤先生の本、この辺が有名かな。
                        
愛されてお金持ちになる魔法の言葉      愛されてお金持ちになる魔法のカラダ



スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。