10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOME-in the field-


Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-

帰国後即行った野外ライブツアーのDVD。

あれからだいぶ経っていて、もう発売されないかと思っていたのでGETできて喜びもひとしお

このツアー、私にとっては特別なツアーとなりました。
なぜなら、あの曲を歌ってくれたから。

そう、私の中ではもはや殿堂入りしている特別な一曲、CROSS ROADを歌ってくれたからです。

CROSS ROADは、私がMr.childrenというバンドを知り、大好きになるきっかけになった、私の大切な大切な一曲なのです。

ライブに行き続けて10数年になるのに、なぜか一回もやってくれなかったこの曲。
桜井さんはヒットチャートとか売上とかで価値を評価されるのを嫌いに思っている節があるので、当時あまりにもメジャーになってしまったこの曲を歌うのを避けているのではないかとすら思っていました。

でもこの曲を歌う前に桜井さんは言ってくれました。「僕らを育ててくれた曲」と。

あ~、そうだったんだ。大切に思っていたから、大事に取っておいてくれたんだ。
そして、15周年の節目に、また聴かせてくれたんだ。
イントロが流れた途端、まさか歌ってくれるとは思っていなかったので、鳥肌が立って、思わず泣いてしまったくらい本当に感激しました。
長いことファンやっててよかった~。AUSから帰って来たかいがあった~。

歌ってくれたのはCD化されている通常バージョンではなく、アコースティックバージョンって感じでしたが、桜井さんニコニコで歌ってくれて…ホント最高でした!
HPで映像見れるよ)

次にこの曲聴けるのはいつかな?
またのいつかを楽しみに、これからもライブに生き続けることを密やかに固く誓ったのでした。

この曲の後は「Tommorow never knows」。
PVの撮影地、グレートオーシャンロードに行ってきたばかりだったので、脳裏にあの雄大な景色が思い出され、特別な思いで聴くことができました。

それにしても、この2曲の前は名もなき詩、シーソーゲーム、後はmy life、HERO等が続き、昔の名曲をガンガンやってくれてて、大サービスなセットリストだったのね
CROSS ROADに気を取られて他の曲の記憶が薄れてしまっているのかも…もったいないことをした!(笑)。

といっても印象的な場面はちゃんと覚えていますよ。
「フェイク」って映画「どろろ」の主題歌で、カッコよくてとっても好きな曲なんだけど、この曲で「すべてはフェイク♪」って何回も歌うんです。で、その後「Any」って曲で、「そのすべて真実~♪」って歌い始めたんです。
この演出に、さすがミスチル!って心の中で拍手喝さいでした。

矛盾してる。でも同じことを言っている。そんな気がするのです。この2曲の意味するところをうまく説明できないし、頭の中でも整理できてないんだけど、とにかくこの2曲を続けてもってきたところに何か深いメッセージがあるような気がして。

アンコールの最後の最後で歌ってくれた「旅立ちの唄」。
AUSから帰ってきて、また自分の新しいリスタートを実感させれた曲でした。
「恐がらないで 手当たり次第に灯りつけなくても いつか一人ぼっちの夜は明けるよ」
この詩にじ~んときたのを覚えています。すごく勇気づけられました。
そして「手の届かない場所で 背中を押してるから」のところでは、桜井さんが手を差し出して背中を押すポーズをしてくれたのです。
そこでまた勇気づけられて。そうだ、いつもミスチルの曲に背中を押してもらってたんだ。
またがんばろう。こぶしを握ってそう決意したことを思い出した。
がんばらなきゃ。

そう、ミスチルのライブって、ただはっちゃけて終わりってだけじゃなくて、曲を聴きながらいろんなことを感じたり考えたり勇気づけられたりする、私のパワーチャージの源なのです。

このDVDではライブ映像の他に別撮りのインタビュー映像や、レコーディング風景なんかも収録されていて、普段のチル兄さん達の仲良さげな映像なんかも観ることができて、なかなかお得な感じです。

なかなかいいライブだったんだな~、と思い返しながら、冬にはアルバム発売の声も聞こえているし、そろそろ次のライブの気配も感じつつ…

それまでは、このライブでパワーチャージさせてもらいましょうか
スポンサーサイト
Secret

seasons

プロフィール

ちるこ。

Author:ちるこ。
本とミスチルをこよなく愛しています。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

ちるこの本棚

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。